「気づく」とはどういうことか ──こころと神経の科学

「気づく」とはどういうことか ──こころと神経の科学

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「なんで気づかなかったの?」「気づいたらやっていた」などなど、「気づく」という言葉は何気なく使われているが、実際にはどんな状況で使われているのだろうか? 似た言葉に「意識する」があるが、これだと少し意味がずれる。その違いはなんだろうか? 「気づく」というこころの働きを、それに関連する「意識」「注意」「記憶」などの働きとからめて整理することで、「こころ」の不思議に迫る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2018年04月27日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

「気づく」とはどういうことか ──こころと神経の科学 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年05月13日

     人間にできて機械にはできないことの一つに意味というものを持つことがあるそうだ。AIには言葉の意味が分からない。統計的に意味にあたるものを確率論的に持ち出すことしかできないのだそうだ。それでは人が感じる意味とはどのような仕組みで獲得されるのだろうか。そのヒントがある。本書の筆者は神経心理学という分野...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月03日

    気づくとは、現在の自分の「こころ」の動きを自分が意識すること。
    「こころ」とは、思う・考えると言うことで、何かと何かを関係づけようとすること。

    コア感情(意識されない心理過程)
    感情(喜怒哀楽、五感、意識される心理過程)
    意志(行為= 意図的な運動)

    鈴木大拙「妙好人」今の己の心を味わうことが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月20日

    本書の著者の山鳥先生は,海外の病院でのレジデント経験をお持ちで,非常に含蓄溢れる神経生理学者であるのだと思います。本書の中では山鳥先生の専門知識を踏まえつつも,多くの哲学者に関する理論や仏教に関わるような理論を紹介されつつ,人間の心や意識が一体どのようなものなのかということについて,先生ならではの仮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月18日

    む、難しい……。断片的にしか理解できてないけど、興味深い部分はたくさんありました。
    特に印象に残ったところメモ。

    ●脳機能に異常が生じて認知機能に障害が出ると、「それが認識できない世界」がその人にとっての普通になってしまう
    認知症の人が「自分の記憶や認知機能に欠けがある」ことを自覚できなくなるのっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング