里中哲彦の一覧

「里中哲彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/07/05更新

ユーザーレビュー

  • はじめてのアメリカ音楽史
    【歌の歴史と歴史の歌】ゴスペルやブルーズ、ジャズやロックン・ロールに至るまで、アメリカの歴史を彩ってきた音楽の歩みについてまとめた作品。著者は、米南部文化への造詣が深いジェームズ・M・バーダマンと、英語についての書籍も世に送り出している里中哲彦。

    トリビア的な知識も織り交ぜながらわかりやすく解説が...続きを読む
  • 英語が上手くなりたければ恋愛するに限る 究極のコミュニケーション181のフレーズ
    もちろんモテたいからというよりは、著者目当て。前作が非常に納得がいったので購入。前作と説明が重なる部分はもちろんあるが、この本から学ぶことは多分にある。
  • 日本人の9割が知らない英語の常識181
    例証の仕方が秀逸

    ネイティブが日本人の英語に物申す系の本はあまり期待してはいないものが多いが、これは違う。英語学的な例証の仕方に論理的な飛躍がなくわかりやすい。買ってよかった。
  • 英語の質問箱 そこが知りたい100のQ&A
    "この本は、楽しかった。面白い。
    英語の回文?
    7月と8月の由来
    「おめでとう」複数形
    などなど、なるほどとうなる知識が満載。
    comeとgoの違いなどは、本当に為になった。
    comeは話し手の方に移動すること 接近
    goは話してから遠離っていくこと 離反
    だそうだ。英語が話せるくらいの人には当たり...続きを読む
  • 日本人の9割が間違える英語表現100

    日本人の表現の仕方にも参考にな

    英語力はあまり自信がないが、英語の解説本を買うことが多い。
    この本は、ネイティブの表現ばかりでなく、日本人の表現にも、このように表現していたのかが、参考になった。