「村上宣寛」おすすめ作品一覧

「村上宣寛」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/02/12更新

ユーザーレビュー

  • IQってホントは何なんだ? 知能をめぐる神話と真実
    ためになった。
    IQが高いから自分がすごいんだと勘違いすると悲惨なことになることはよく知っているので、面白く読めた
    心理学の分野はエビデンスが不十分な本が多い中、この人はとても重視しているようなのでほかの本も読みたいと思った
  • 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た
     世の「心理テスト」がいかに「トンデモ」であるかを明らかにした、驚くべき本。「心理テスト」といっても、テレビや雑誌でやってるような「いかにも」なものではナイ(導入として「血液型」も用意してあるが)。槍玉に挙がるのは、かの有名な「ロールシャッハ・テスト」、定番の性格検査である「矢田部ギルフォード性格検...続きを読む
  • IQってホントは何なんだ? 知能をめぐる神話と真実
    そもそも知能とは何かーそれを探ることが心理史をたどることになるとは思わなかった。過去にどれだけの人が知能を測ろうとし(結果的に否定されてしまうものも多いが)試行錯誤し、それでもまだ全容の解明には至らない。改めて奥の深い学問だと感じた。
    また、今までの自分がいかにステレオタイプまみれであったかを気づか...続きを読む
  • 「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た
    とにかく痛烈な心理テストに対する批判書。ビッグファイブ以外の性格判断はすべてでたらめといわんばかりのスタンスは読んでいて気持ちがいい。このセンセ業界から干されないかな、と心配になるほどの一冊。しかし、よーーく読んでみると、あんがい自己批判の書にも読める。心理学と統計処理を使う人は読んでおいて損はない...続きを読む
  • あざむかれる知性  ──本や論文はどこまで正しいか
    心理学の研究者である筆者がダイエット、健康、ビジネス、投資、幸福感などさまざまな分野のシステマティックレビューを読んでまとめたもの。

    要点をまとめると以下のような感じ。

    因果関係の研究には実験群と実験群との比較の対象群(何もない)を置く必要がある
    質のいい論文は二重盲検ランダム化比較実験のシ...続きを読む