「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た

「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

これまで右へ倣えで高額な適性検査を外注してきた社長や人事担当者が知ったらゾッとするような“ウソ”を、心理学の第一人者が痛快に暴露する1冊。
「自分はいつも運が悪い」などの質問にYes、Noで答えていく性格テストの定番が「YG検査」だ。採用試験に臨む学生の中には費用を払ってまで事前対策指導を受けている者がいるという。しかし著者の下した結論は「有害無益」。同じく就職試験によく用いられる「内田クレペリン検査」も「世の中に害毒を流しているだけ」と斬り捨てる。日本人が大好きな「血液型人間学」や臨床心理士が用いる「ロールシャッハ・テスト」も事実無根だと論じる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
日経BP
ページ数
228ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
4MB

「心理テスト」はウソでした。 受けたみんなが馬鹿を見た のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年03月30日

     世の「心理テスト」がいかに「トンデモ」であるかを明らかにした、驚くべき本。「心理テスト」といっても、テレビや雑誌でやってるような「いかにも」なものではナイ(導入として「血液型」も用意してあるが)。槍玉に挙がるのは、かの有名な「ロールシャッハ・テスト」、定番の性格検査である「矢田部ギルフォード性格検...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    とにかく痛烈な心理テストに対する批判書。ビッグファイブ以外の性格判断はすべてでたらめといわんばかりのスタンスは読んでいて気持ちがいい。このセンセ業界から干されないかな、と心配になるほどの一冊。しかし、よーーく読んでみると、あんがい自己批判の書にも読める。心理学と統計処理を使う人は読んでおいて損はない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    世に蔓延る血液型診断、性格診断などを否定しています。科学的根拠がないもなが流行る。この本はそんな世の中に流される人には目から鱗なのではないでしょうか。もう10年近く前の本ですがおすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月25日

    面白い。良書。
    冒頭の血液型診断は兎も角として、もっと巷の似非心理テストかと思ったら、真面目に使われている本格的な、歴史のあるテストを預かっている。
    著者が自分で分析してるところもあり、統計学の専門家と言うこともあって、今迄読んだ本当は違う迫力有り。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月29日

    血液型性格検査などは、嘘であると言うことは周知の通りであると思う。
    しかし、ロールシャッハテストについては、著者は詳しく調べたのだろうか?もちろん、ある程度の本は読んだとは思うが、今では筆者の作った計算ソフトの数段素晴らしいものもできている。
    その現状を知っていてのことだろうか?
    どうにも、素人が少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月14日

    一応心理テストを勉強したからこそ、なるほどなるほどとうなずける面白さ。私もどちらかというと考えは著者より、というか、心理テストに対して少し疑問を持っているところもあるので、納得して読めた。でも、心理をあまり知らない人が読んだら少し難しいのかなぁ、とも思ったし、この著者の批判的な書き方に好き嫌いが別れ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    心理の専門家を目指すものとして、全部が「ウソ」なのではなく、「ウソ」とは異なる部分があることを、きちんと理解したいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    軽い読み物としてどうぞ。ロールシャッハや内田クレペリン検査についての批判など、』目新しいものはありませんが、読み物としての文体は大学教授にしては(失礼!)お上手だと思います。性格検査では、YGテストがまぁまぁの精度があると思ってるアリーさんですが、なんでも妄信的に信じるのはアホのすることなんだー!っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    テストを作った人、作成過程、信頼性の検討の歴史などを、非常によく調べている。なぜ間違いなのかが分かりやすい。かなり記述が過激な部分も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    血液型性格判断に始まって、心理テスト各種をバッサリ。信頼性があるようなテストも含まれていて驚きましたが、おもしろいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング