「河野哲也」おすすめ作品一覧

「河野哲也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/01/08更新

ユーザーレビュー

  • 暴走する脳科学~哲学・倫理学からの批判的検討~
    脳科学の産業応用の本を読むと同時に、脳科学のの倫理的考察を行うこの著書を読めたのは、実にタイミングが良かった。最新の脳科学の動向を、哲学の視点からじっくり整理している点も素晴らしいが、将来現実になる脳科学応用に向けた倫理のあり方、引いては、著者が考える人間観まで感じられる点に感銘した。
  • 子どもの哲学 考えることをはじめた君へ
    僕は、この本の「友達はたくさんつくるべき?」という問いかけでとても悩んだ。僕はムラセの考えに賛成だったけれど、ゴードやツチヤの考えを聞くと、何となくかんがえこんでしまった。
  • 意識は実在しない 心・知覚・自由
    アフォーダンス理論やアクターネットワーク理論などを援用して「頭の中の劇場」としての意識に依らない心の理論を構築した本。
  • 暴走する脳科学~哲学・倫理学からの批判的検討~
    言葉というのは、最大の発明であるが厄介でもあって、心に宿る事象を我々はいまだ完璧に言葉で共有できていないし、ズバリと言い表していないのかもしれない…。脳の研究を進め、仮に人の能力をEnhanceしていく上では、感情と言葉の一致は避けて通れないようですね。そこを見落とした時に、ロボトミーのような誤った...続きを読む
  • 道徳を問いなおす ――リベラリズムと教育のゆくえ
    ★内容はズシリとした重さがあるので、一読後気になった箇所を再度読み直しながらメモをとっていった。
    良かった点、最初はよくわからなかったが序章が長く書かれている。『道徳を「問い直す」』の「問い直す」への序章であってこの部分が私には意味があった。
    和辻哲郎がドイツから帰国した1928年に、「...続きを読む