波頭亮の一覧

「波頭亮」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/26更新

ユーザーレビュー

  • プロフェッショナルコンサルティング
    10年ぶりに電子書籍で読み返した。
    震災直後に出版されたこともあり、当時の日本企業・日本経済への不安を感じ取ることができる。
    出版後10年近く経ち、日経平均は劇的な回復を遂げたものの、本質的な企業価値は向上しておらず、足元ではGAFAMの合計時価総額が東証一部全体の合計時価総額を上回っており、グロー...続きを読む
  • AIとBIはいかに人間を変えるのか
    アルファ碁が人類最高峰の頭脳を赤子をひねるかのうようにして圧勝してから一気に社会的に広まった「人工知能(AI)脅威論」の後に出版された本書。

    その時点までのAIを冷静に眺めた上で、無用に恐れることはないが、軽視は決してしないという姿勢を前半にじっくり説明されている。その上で筆者は、それでも仕事のほ...続きを読む
  • AIとBIはいかに人間を変えるのか
    AIとBIはいかに人間を変えるのか 波頭亮 幻冬舎

    人工知能とベーシックインカムの併用で
    社会に何が起こり人間の暮らしをどう変えるか

    優秀な人工知能とロボットが第三次産業革命
    と言うよりも第一次意識革命とも言えるだろう事件が
    人間の視野を広げ次元の変化をもたらすというお話である

    AIブームの歴...続きを読む
  • AIとBIはいかに人間を変えるのか
    良い悪いは別として
    自分が働く
    人を働かせる
    資産を働かせる
    という形で歴史は進んできたと思います。

    この次にきっとAIに働かせるという時代が来ると思います。
    ただそれを企業論理にだけ任せて法人税とかが変わらないと
    AIに仕事を奪われる
    という現実だけが残ります。

    1つの方向として
    AI時代にふ...続きを読む
  • 経営戦略論入門 経営学の誕生から新・日本型経営まで
    経営学を歴史的な視点から体系的に俯瞰したいと考えていたので、そういう面でバッチリな書籍でした。
    経営学やマネジメントってなんだろうか、というレベルの初学者にピッタリの一冊だと思います。
    戦後の企業活動について、その当時の時代背景と、生み出された理論が、整理されています。
    自分もいままで社会人学生とし...続きを読む