成熟日本への進路 ――「成長論」から「分配論」へ

成熟日本への進路 ――「成長論」から「分配論」へ

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本はこれからどの方向に進んでいくのか。政治は迷走し、国民は困惑している。既に成熟フェーズに入った日本は必然的に国家ヴィジョンを差し替えなければならない。そして、経済政策や政治の仕組みを再構築しなければ、社会は一層暗く沈滞していくだけである。国民が「自分は幸せだ」と思える社会の姿と、そうした社会を目指す政策、およびその政策を実行するための戦略と新しい社会のしくみを明快に示す。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
ページ数
269ページ
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

成熟日本への進路 ――「成長論」から「分配論」へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年01月03日

    日本は成長フェーズが終わり、成熟フェーズに入った。だから、経済成長を求めるのではなく、「国民全員に医・食・住を保障する」という分配論を国のビジョンに設定する。そのために、産業構造の変化から官僚組織の構造改革までこの本では提言しています。

    やり方の方法論は、私自身ももっと考えたいと思いますが、著者が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    政治の本のレビューははっきり言ってかなり勇気がいる。自分より知識のある人たちが喧々諤々してる中で意見を表明すれば、たちまち袋叩きにあるリスクが常があるからだ。

    それでもこの本については一筆書きたいと感じる。それは、この本は強者による弱者の為の本だからだと思う。

    (書きかけ)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月28日

    もう成長率を望んだ国づくりの時代は終わった。次は富める者と そうでない者との間での、富の再分配がこの国を形作り鍵となる…新しい日本の形を考えるためのヒントが 淡々と示されています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月16日

    本書は、日本が成長フェーズから成熟フェーズに入ったことの証明からはじまり、経済政策の転換、官僚機構の改革へと話が及んでいる。それぞれ具体的な数字やグラフによって根拠が示されているため、説得力があるし話も分かりやすい。内容は非常に読み応えがあり、知的刺激に溢れた作品となっている。

    特に最終章の「しく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月13日

    日本の経済は労働人口・時間、貯蓄率、労働生産性どれをとっても減少している。よって経済成長は無いと一刀両断した上で社会福祉の充実を提言するも、企業には徹底した自由競争を求めます。また、社会福祉には財源の裏付けが必須ですが、消費税の増税と並んで提案されている金融資産課税はゲゼルの自由貨幣にも通じる考え方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月28日

    最高に面白かった。

    前半は、成熟社会となった日本のこれからのビジョン。
    後半は、それを達成する為にはどうすればいいのか。

    論理建てた説明で、最初から最後まで無駄が無く、興味が途切れなかった。

    政治への不信感は、総理大臣のリーダーシップの無さに感じていたが、この本を読んで誰が総理大臣になっても、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月12日

    日本が、国民の誰もが医食住を保障される国にするための、するどい戦略が分析的に書かれている。

    まず、今の日本は成長から、成熟ステージに移行した事実を経済指標から明確にして、今後の戦略を説明している。

    第一歩は、従来の成長戦略と景気対策一辺倒の公共財として経済政策からの脱却からはじまる。そして、分配...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月11日

    著者、波頭亮さんには、1990年代、
    何度も取材でお話を聞きました。

    この本の波頭さんの「成熟」ぶりには、
    驚嘆しつつ、共感します。

    ぜひ、お読みください。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月17日

    頭が良い人というのはこういう人のことを言うんだろう。

    ここまで明快に理路整然と現在の日本の状況とあるべき姿を論じた人を知らない。

    知識をひけらかすか、ためにする議論か、ちょっと難しいことを言って煙に巻くか、まったく全体像を捉えていない人が多い中。

    物事をわかりやすく納得感を持って伝える能力は、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    貧困率・・・日本は高い

    今後、外貨を稼ぐ産業→ハイテク型環境関連
    1.太陽光発電
    2.原子力発電
    3.水処理関連

    デンマーク・・・国民が幸せと感じる国
    くしくもW杯予選リーグで圧勝したが・・・

    アメリカとデンマークの共通点
    1.教育への投資が世界トップ水準
    2.労働者を解雇しやすい

    国民の負...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ちくま新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング