松本創の一覧

「松本創」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/06更新

ユーザーレビュー

  • 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
    事故で大切な人を失った遺族について生々しい現実を教えてくれた。読んでいて本当に胸がつまる思いだった。同時に当時のJR西日本という企業に対しての不信感も込み上げてくる。

    不幸にも遺族となった浅野氏の懸命な行動が凝り固まった官僚主義の企業に変化をもたらした。自身も辛い中にあっても「遺族の責務」といい、...続きを読む
  • 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
    組織論として読んでいて引き込まれる。
    失敗学、リスクマネジメントなどとよく言われるが、これをすればよいという対策はなく、時代ごとに変わる対策を常に取り続けていかなくてはならない。
    また、やらなかったからと言って悪さが顕在化することは小さい。そのため、効率化の名のもとに考えることが許されず、重要性も理...続きを読む
  • 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
    2005年JR西日本福知山線脱線事故で、妻と妹を失った浅野さんをモデルに、事故を起こした運転士よりもその会社体質正すことに費やした10年間。重大事故の対応として江戸の大火の昔から変わらずの個人責任追及主義、無関係者からの誹謗中傷を読んで憂鬱になった。
  • 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
    2005年4月25日に発生した、あの福知山線の事故。
    あれはやはりJR西日本という企業が生み出した事故
    なのでしょう。

    通常、事故といえば個人の過失やシステムの故障、
    車両などの整備の欠陥に行き着きますが、あの事故
    に関しては違いました。

    間違いなく組織が起こした事故であることがこの本
    から理解...続きを読む
  • 軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
    電車の中で若い人が、「昔関西で大きい自己があったらしいよ」という話しをしているときにふと、これはそんな前だったかと思い、思い返して書物を手に取った。当時、一歩違えば乗り合わせていた偶然に震撼した記憶がある。その実態の一つ一つを社会問題として、自分の心に刻める本。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!