軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い
  • 値引き

軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い

作者名 :
値引き価格 1,232円 (1,120円+税) 10月31日まで
通常価格 1,760円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

真山 仁氏推薦!
「『遺族の責務』を探し続けた男が挑む不条理
闘う遺族を静かに寄り添うジャーナリストが辿り着いた
日本社会の欺瞞と脆弱」

「責任追及は横に置く。一緒にやらないか」
遺族と加害企業の社長。
相反する立場の2人は巨大組織を変えるためにどう闘ったのか。
あの事故から始まった13年間の「軌道」を描く。

<本書の内容>
乗客と運転士107人が死亡、562人が重軽傷を負った2005年のJR福知山線脱線事故。
妻と実妹を奪われ、娘が重傷を負わされた都市計画コンサルタントの淺野弥三一は、なぜこんな事故が起き家族が死ななければならなかったのかを繰り返し問うてきた。
事故調報告が結論付けた「運転士のブレーキ遅れ」「日勤教育」等は事故の原因ではなく、結果だ。
国鉄民営化から18年間の経営手法と、それによって形成された組織の欠陥が招いた必然だった。

「組織事故」を確信した淺野は、JR西日本自身による原因究明と説明、そして、組織と安全体制の変革を求める。
そのために遺族感情も責任追及も封印し、遺族と加害企業による異例の共同検証を持ち掛けた。

淺野の思いに、組織改革に動いた人物がいた。事故後、子会社から呼び戻され、初の技術屋社長となった山崎正夫。
3年半でトップを退くが、JR西日本という巨大組織を、長年の宿痾からの脱却へと向かわせた。
それは、「天皇」井手正敬の独裁に依存しきった組織風土、さらには、国鉄改革の成功体験との決別だった。

淺野と山崎。
遺族と加害企業のトップという関係ながら、同世代の技術屋ゆえに通じ合った2人を軸に
巨大組織を変えた闘い、鉄道の安全を確立する闘いの「軌道」を描く。
そこから見えてきたのは、二つの戦後史の「軌道」だった──。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
368ページ
電子版発売日
2018年04月06日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

    Posted by ブクログ 2019年09月06日

    大変不勉強なんですが、福知山線脱線事故というと「日勤教育」と井出天皇のイメージしかなく、その後に遺族とJR西にこんな事実があったことを全く知りませんでした。
    本書は遺族の一人、浅野弥三一にスポットを当て、彼の視点での事故顛末を追っている。科学技術の使命、遺族の責務、問題の社会化視点、確率論の異議(フ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月21日

     事故後13年以上もたって、初めてこの事故についての詳細な事実を確認することとなった。とにかく安全システム、安全設計について多くを考えさせられる本。リスクアセスメントの学習を始めたところで本書を知ったのは良かった。まずは浅野氏の凄さにひれ伏すのみ。せめてその足元でもがける程度にはなりたい。
     本書に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月06日

    インフラを扱う一人にとって、吉村昭著の高熱隧道に並ぶ、重要な作品となった。
    淺野氏及び事故被害者の方々には心からの追悼の意を表すると共に、淺野氏の行動に、大きく心を揺さぶられた。
    JR西はもとより、社会インフラに関与している全ての人が、本書から訴えられる安全に対する意識を持ち、何度も反芻しながら業務...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    【2本のレールが交わるところ】2005年4月25日に発生し、107名の死者と562名の負傷者を出したJR福知山線脱線事故。当初の会社側の無機質な対応に風穴を開け、JR西日本と共に事故の原因究明と安全対策に乗り出した遺族を軸に、事件のその後を描いた作品です。著者は、神戸新聞の記者を経てフリーランスで活...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月12日

    【あらすじ引用】
    乗客と運転士107人が死亡、562人が重軽傷を負った2005年4月25日のJR福知山線脱線事故。
    妻と実妹を奪われ、娘が重傷を負わされた都市計画コンサルタントの淺野弥三一は、なぜこんな事故が起き、家族が死ななければならなかったのかを繰り返し問うてきた。
    事故調報告が結論付けた「運転...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月26日

    被害者遺族の代表の一人浅野氏に寄り添う形で,丁寧に聞き取り調査をして,JR西日本の体質歴史に切り込んでいるのは見事.ただ批判するだけではなく,これからどうすれば事故を防げるかにポイントを置いて,身勝手な井手天皇をも冷静に分析している.福知山脱線事故の本は興味があって何冊か読んでいるが,これが一番心に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月19日

    建物の1階部分にひしゃげた車両がめり込んでいる。脱線事故とは
    言え、これはどういう状況なのか。2005年4月25日に発生した
    福知山線脱線事故のニュース映像だ。しかも、テレビ画面に映し
    出されていた車両は2両目だった。

    この事故で妻と妹を失い、次女が重傷を負った都市計画コンサルタント
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月23日

    運転手も含め107名の犠牲者を出した2005年4月25日に発生した福知山線脱線事故。その事故で奥様を亡くし、娘さんが大けがを負った浅野弥三一氏が、JR西日本に対して事故原因の追究を訴え、被害者と加害者という立場を超えて再発防止に取り組んできた日々を追うノンフィクション。
    当初JR西日本経営陣は事故原...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    一気に読んだ。

    raku 2018年05月12日

    国策を成し遂げたプライドが人命より高い人間に、
    リスクアセスメントの考え方は届かないのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    2005年4月発生したJR西日本福知山線の車両脱線事故。107名の犠牲者を出す戦後最悪クラスの列車事故の原因は、JR西日本の組織風土にあるのではないか。

    その検証のために、一個人として巨大なJR西日本に立ち向かい、気が遠くなるような対話を経て、徐々にJR西日本に自らの組織の問題を直視させた遺族がい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い」に関連する特集・キャンペーン