「光文社新書」おすすめ作品一覧

「光文社新書」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

2018/09/21更新

「光文社新書」の作品一覧

ユーザーレビュー

  • ざっくり分かるファイナンス~経営センスを磨くための財務~
    はじめに
    第1章 会計とファイナンスはどう違う?
    第2章 ファイナンス、基本のキ
    第3章 明日の1万円より今日の1万円~お金の時間価値
    第4章 会社の値段
    第5章 投資の判断基準
    第6章 お金の借り方・返し方
    さいごに

    ~ポスト会計時代の基本知識はコレだ!
     『ファイナンスの目的は企業価値の最大化...続きを読む
  • 深海のパイロット~六五〇〇mの海底に何を見たか~
    海の底に捨てられた買い物袋が分解されずに漂っている様子には、考えさせられる。
    米・仏に負けない誇りと技術を持つJAMSTECの"しんかい"チームの皆様にプロ意識を感じた。
  • 労働者階級の反乱~地べたから見た英国EU離脱~
    英国在住、”労働者”階級の夫を持つ著者による書。誇りある英国の”労働者”に対する愛情を感じさせる。研究者による分析を紹介する箇所も、カルチャーの視点を織り交ぜながら描写し生き生きとしたものに感じさせる好著。

    印象に残ったのは、”白人”労働者階級の出現は、歴代政権が階級の問題を人種の問題にすり替えた...続きを読む
  • 座右のゲーテ~壁に突き当たったとき開く本~
    問題を細分化する、日付をつける、心の聖域をもつ、古典から学ぶ…
    ゲーテのことよく知らなかったけど、才能、時代全然違うのに考えること、内容はなるほどと感じ意外。
    2018.9.6
  • 「儲かる会社」の財務諸表~48の実例で身につく経営力・会計力~
    財務諸表を大まかに見ることで、会社の戦略やこれまでの成長過程などが把握できることが理解できた。一社だけ抜き出して見るのではなく、同業他社を比較してその業界の規模感を掴むことが肝要だと感じた。

特集