「金井壽宏」おすすめ作品一覧

「金井壽宏」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/17更新

ユーザーレビュー

  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    「おすすめする人」
    ”人事とは綺麗事を通す仕事である”
    この言葉に「なるほど。」となる人が恐らくこの本のメインターゲット。笑
    つまり、広い意味で人事の仕事に関わりながらも、理想と現実とのギャップを感じているビジネスマン〜30歳くらいまで?が対象。日本GEでのHRリーダー経験を元に、人が企業にとって価...続きを読む
  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    いま70代とかの大先輩コンサルタントは、「正解を教える」「若輩者を指導する」というコンサルタントスタイルだったし、今でも、「私は何でも知っています」という「絶対的な自分」を演出するコンサルもいる。

    が、コンサル10年目にして、そーいうのはなんか違うよなーと、思っていたところに出会った本。

    コンサ...続きを読む
  • リーダーシップの旅~見えないものを見る~
    「リーダーシップ」というと、自分とは”縁遠い何か”と思っていたが、この本を読んで考え方が変わった。
    自分がやりたいと思うことをやっていたらいつの間にか皆ついてきていた。それがリーダーなのであって、つまりは自分がやりたいと思うことに対して一歩踏み出すということが大事なんだね。
  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    コンサルティングというよりはコーチングに近いことが言われているのかなと思った。ただいずれにしても、相手が得たい答えは相手の中にしかなく、支援者はそれを一緒に探すというよりは、相手が見つけられるようにサポートする、そのための質問を投げかける、見つけるためのプロセスの支援をするというスタンスが何より大事...続きを読む
  • 謙虚なコンサルティング ― クライアントにとって「本当の支援」とは何か
    コンサル業界で働く私にとっては非常に有用な書籍であった。(もちろんコンサル業界でなくても有用かと思う)
    過去コンサルとは、「クライアントの一段高い位置からクライアントの問題を診断し、課題を特定、課題の実行責任はない」というものであった。一方謙虚なコンサルとは、「クライアント自身が納得感のある解を自ら...続きを読む