古野まほろの一覧

「古野まほろ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/12/21更新

ユーザーレビュー

  • 新任警視
    警察小説初心者からすれば、事件概要や警察の仕組みなどをくどいほど繰り返し解説してくれており、話に入りやすかった。
    この分厚さに加えて二段構えの書式に一度は挫折するだろうとも思ったが、思いの外淡々と物語が進んで行き久しぶりに時間を忘れて読み込める本だった。
    主人公司馬達…最後の最後までへっぽこだとばか...続きを読む
  • 新任警視
    登場人物一人ずつに好感を持ちまくる。
    つくづく私はぞなぞなおじさんたちが好きなんだなぁと実感。
    古野まほろは陰惨な展開になるパターンも多いから若干警戒しつつ読むんだけど、今作は、事件はともかくずっとただよう牧歌的な空気に癒されて、ずっとぞなぞなおじさんたちの仕事人っぷりを観察していたかったぐらい。
    ...続きを読む
  • 新任巡査(下)(新潮文庫)
    上巻のキャラ紹介、交番警官のお仕事紹介から本筋の連続女子高生行方不明事件への謎に迫るサスペンス。罠を張るアキラ、巻き込まれ負傷するライト。ふたりの未来は!?。
  • 職務質問(新潮新書)
    「知っているようで何も知らない」というような事柄、「特殊なようでいて、一般的な様々な事柄に通じる」という内容は、この種の新書の特長ということになると思う。そんな特長が感じられる良書であったと思う。
    本書とは無関係ながら、少し前に永く刑事として活躍された方が綴った本を興味深く読んだ。その中に、警察官と...続きを読む
  • 女警
    題名の「女警」とは「女性警察官」を略した語である。自身で使用中のパソコンでは「じょけい」と打ち込んでも変換漢字として「女警」は出て来なかったが…
    本作は、事件が発生して警察官達が登場する物語ではあるが、何か「一味違う」という感じに仕上がっている。『女警』という題が示すように、女性警察官の物語ではある...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!