名探偵だって恋をする

名探偵だって恋をする

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 565円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

事故で演奏できなくなったチェリストは、時空を超えたある空間で、天上の音を演奏する少年と出会う(「空蜘蛛」)など、新鋭作家たちが描く謎とキャラクターの饗宴!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年03月11日
紙の本の発売
2013年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2014年06月28日

    宮内さん目当てで購入し、やっぱり「空蜘蛛」が一番好みだったし、この短さの中で、物語と人物描写のみならず細かな部分(音楽や服装等々)も「抜かりなし」で満足。
    影響されて、しばらくパッサカリアばかり聴いてしまった。

    アンソロジーゆえ、他4人の、今まで読んだことがないラノベ系作家さんの作品に触れられたこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

    タイトルから想像していた話と、何か違った。まぁ男女間のものだけが恋愛だけが恋ではないといえばそれまでだが。
    「秘密の小箱」椹野道流、「花酔いロジック」森晶麿、「浮遊惑星ホームバウンド」伊与原新、「空蜘蛛」宮内悠介、「消えたロザリオ」古野まほろ、の5話収録。
    2014/9/11

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月17日

    伊与原新めあてで買ったけれども期待外れ。全体的に自分の年齢で読むのがつらいというか居場所がない感じでした。最後の古野まほろさんの作品が面白かったので星三つにしましたが、それがなかったら星二つでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月28日

    古野まほろ目当てで購入。
    一つひとつの話は面白いと思ったのだけれども、タイトルと内容自体はあまり関係ないものが多く、作家さんのシリーズのスピンオフをただ集めただけでアンソロジーの出来としては微妙。
    読んだことのない作家さんの作品に触れることが出来たのでその点は良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月11日

    森晶麿さん目当てで読んだけど、伊与原新さんの「浮遊惑星ホームバウンド」面白かった。
    「プチ・プロフェスール」っていう作品のスピンオフらしいので、そちらも読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年11月24日

    ライトな謎説きアンソロジー。別に必ずしも恋してない。
    『空蜘蛛』の異色さと落ち着きが際立って魅力的だった。『ローウェル骨董店の事件簿』も落ち着いた文章と人間味ある雰囲気で好感度高い。本編後日談やスピンアウトが多いので新たなシリーズへの出会いもあるかも?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています