「椹野道流」おすすめ作品一覧

【椹野道流】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:椹野道流(フシノミチル)
  • 生年月日:2月25日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

1997年『人買奇談』でデビュー。『奇談』シリーズ、『鬼籍通覧』シリーズ、『貴族探偵エドワード』シリーズなどの作品を手がける。法医学者もある。

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙
    アングレの王がいちゃもんつけてくる話。このシリーズ好き!ロデリック、走るの人生で数回なんだ(笑)途中ちょっとグロかった…。ポートギースに戻ったから次は華燭の典かな?遊馬が持ってきたピンセットとメスで、作る食う読みたくなった!
  • 最後の晩ごはん お兄さんとホットケーキ
    兄妹のお話。
    どこにどう絡むの~?っておもって読み進めたら、
    そういうことかーーー!とびっくりしました。
    最後の兄弟の対話に涙が出てきちゃいました。

    それから夏神さんのエピソードもちょっと。
  • 最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり

    感動

    シリーズ7冊全て読みました。登場人物それぞれが織りなす人間模様や不可視なものだが、意思を持った存在を巧みな表現で綴っている。次作はあるのでしょうか?早く読みたい。
  • 最後の晩ごはん 旧友と焼きおにぎり
    えーーー、カイリくん、芸能の道に戻っちゃうの・・・!?
    このまま夏神さんと、イチャイチャ食堂をやっていこうよ・・・。

    (語弊しかない)

    同時期に読んだ「異世界の本屋さんへようこそ」の主人公ちゃんが中性的な女性であることに対し
    「これは可愛い系男子やろ」
    と、思って読んでしまったのは、きっとイガの...続きを読む
  • 最後の晩ごはん 師匠と弟子のオムライス
    安定のイッキ読み(それでも大事に1章を読んでは休憩を挟んでみた)。
    安定の面白さ!!

    他の文庫に比べて半分以下くらいの厚みのせいか、この本の値段が480円になってる!!
    (税別・・・)

    せやけど、今時500円以下で文庫本が買えるのか~。すごいな。
    そして500円以下でこんなけ楽しめるなんて、最高...続きを読む

特集