男ふたり夜ふかしごはん

男ふたり夜ふかしごはん

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

芦屋の古い一軒家で暮らす眼科医の遠峯と、転がり込んできた後輩で小説家の白石。時々喧嘩もするけれど、男ふたりの同居生活は気安くて快適だ。なにより、食の好みが合うのがいい。食卓で仕上げる、あったかポテサラ、祖母直伝の味噌だれで食べる水餃子、お祝いで超大人のお子様ライス、ふわふわ卵のけいらん温麺、懐かしのご褒美弁当、憧れのミートボールスパゲティちょっと豪華なさけ茶漬け、身も心も温まる、蒸し寿司──読んだらお腹が空くこと間違いなし、禁断のお夜食歳時記。 フシノ厨房の簡単レシピありプルドポーク、コーンスープ、味噌だれなどつくってみよう☆

カテゴリ
アダルト
ジャンル
官能小説
出版社
プランタン出版
ページ数
304ページ
電子版発売日
2021年06月18日
紙の本の発売
2021年04月
サイズ(目安)
4MB

男ふたり夜ふかしごはん のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月14日

    祖母から譲り受けた芦屋の古い一軒家に暮らす眼科医の遠峯朔(とおみね さく)の元に、高校の部活で一緒だった後輩、小説家の白石真生(しらいし まなぶ)が転がり込んできて、はや3年目。
    自宅で執筆の仕事をする真生は、格安家賃のお礼(?)に、家事一般を引き受け、美味しい御飯を作る。

    前回、「夜食本」もいい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    お取り寄せしてしまった・・・(笑)。
    なにかはナイショ。


    おこわもいつかお取り寄せしちゃるぞーーーーっ!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています