「伊与原新」おすすめ作品一覧

「伊与原新」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/20更新

ユーザーレビュー

  • 磁極反転の日(新潮文庫)
     地球物理学の本としてとても面白かった。多くの新知識を得られたのがうれしい、という小説読後の感想とはちょっと違う感じを持った。
     今まで全く興味のなかった分野で、なぜ本書を読もうと思ったのかは不明。しかし読んだらおもろかった。小説としてのストーリーの印象がかなり薄いくらいに、地磁気やらフレアだのと言...続きを読む
  • コンタミ 科学汚染
    めちゃくちゃ面白かったです。
    この本の主題(疑似科学に立ち向かう科学者たちの奮闘)が、自分自身の趣味や嗜好性と合っているのも大きいと思いますが。

    ストーリーの組み立てや意外な展開も、よく練りこまれていますし、すべてが最後に収斂していく流れも秀逸なのですが、「疑似科学が、なぜ、これほどまでに世間に受...続きを読む
  • ブルーネス
    有川浩っぽくもあるけど科学的なことをちゃんと分かりやすく書いてくれるのはいつもどおりで、安心して楽しく一気に読めた。
  • 蝶が舞ったら、謎のち晴れ―気象予報士・蝶子の推理―
    蝶子さんと主人公の遠慮のない関係は見ていて安心する。天気予報を見るのが少しだけ楽しみになるミステリー。
  • リケジョ!
    理系大学院生の女性が留学のための資金を貯めるため、理系かぶれの小学生の女の子の家庭教師をするお話し
    連作短編理系ミステリと言うことで、ガリレオシリーズっぽいものを感じる

    最後のお話しが一番いい
    それまでにちょっと感じていた違和感が読み進めていくうちに晴れていく感じ
    伏線と気付かない程のささやかな違...続きを読む

特集