リケジョ!

リケジョ!

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

貧乏大学院生で人見知りの律は、不本意ながら成金令嬢・理緒の家庭教師をすることに。科学大好き小学生の理緒は彼女を「教授」と呼んで慕ってくる……無類に楽しい、理系乙女ミステリシリーズ誕生!!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年03月11日
紙の本の発売
2014年02月
サイズ(目安)
1MB

リケジョ! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月27日

    理系大学院生の女性が留学のための資金を貯めるため、理系かぶれの小学生の女の子の家庭教師をするお話し
    連作短編理系ミステリと言うことで、ガリレオシリーズっぽいものを感じる

    最後のお話しが一番いい
    それまでにちょっと感じていた違和感が読み進めていくうちに晴れていく感じ
    伏線と気付かない程のささやかな違...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月02日

    物理が全く分からないと、ついていけないところもありますが、楽しく拝読させていただきました。生物系や化学系のリケジョの話も読んでみたいです。物理苦手な方も是非読んでみてください

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    題名と表紙デザインからは予想できませんでしたが、意外にも心温まる良い話でした。カガク的に証明の出来る巡り合わせ…偶然とか運命ではない人為的な心のこもった出会い。素敵な話でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月01日

    意外と謎解き要素が強く科学的な目線でアプローチしていくのが面白かったです。
    不思議な現象を神様の仕業と言ってしまうのもロマンチックですが疑問を持ち突き詰めて見えた世界はさぞ輝いて見えるのでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    「リケジョ」という題より単行本のときの「プチ・プロフェスール」という題のほうがいい。「プチ・プランス」(星の王子さま)だからね。物理学を専攻する大学院生の律と小学生の理緒が身の回りに起こる事件を解決する連続短編。二人が物理学の話をするうちに、ふっと律の頭に真相が浮かぶのだ。最後の短編は、律の小さい頃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月26日

    留学に必要なお金が欲しい主人公に、三か月で百万の
    バイトが持ちかけられる。

    犯罪系かとおもいきや、ごく普通(?)でした。
    最後まで行くと、そんな繋がりが…という
    長年の謎が解けました、に。

    幽霊、無線、チェシャ猫、五感、主人公の過去。
    おまけのように、雇い主の娘の運転手とも
    良好そうな関係が見え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月28日

    タイトル通りの内容なのですが、理系女子たちのアクが弱くてパンチ不足かな。
    物理学的ネタの出し方は優し過ぎず複雑過ぎずと適度なバランス感覚だと思いますが、そんなところも含めて女性向けの作品だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月04日

    日常の謎系列の短編集ですが、登場人物の科学好きなところがとてもほほえましいですね。
    事件の深刻さはまちまちですが、登場人物の明るさに救われることが多かった気がします。
    全体のオチがちょっと唐突でご都合主義な感じもしましたが、全体の雰囲気を壊すものでもないのでよしとしましょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月14日

    【収録作品】投げ出し墓のバンディット/恋するマクスウェル/チェシャ猫マーダーケース/虹のソノリティ/四〇二号室のプロフェスール

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月30日

    貧乏大学院生で人見知りの律は、留学費用を稼ぐため、成金令嬢・理緒の家庭教師をすることに。理系二人のもとに持ち込まれる謎を、科学の力で解決していきます。
    途中、科学の解説がよくわからない部分があるものの、内容としてはまあまあ面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

リケジョ! に関連する特集・キャンペーン