「廣中直行」おすすめ作品一覧

「廣中直行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/24更新

ユーザーレビュー

  • アップルのリンゴはなぜかじりかけなのか?~心をつかむニューロマーケティング~
    ジョブズがアップルに復帰する少し前、アップルはドナルド・ノーマンという認知科学者を招聘し、ヒューマン・インターフェース・不ガイドラインを作成した。
    ノーマンは「情報処理心理学入門」をあらわし必読書。
    今は、よい気持ち、快感がキーワード。
    ものを買うとき、別に合理的な意思決定ばかりではなく、最後はエイ...続きを読む
  • 依存症のすべて 「やめられない気持ち」はどこから来る?
    依存症予防啓発について考える上で、自己効力感、心の居場所など、認識すべきことを整理することができた。同時に、依存症そのものへの正しい理解を促し、いま依存症に苦しむ人々とご家族に対する偏見を解消し、理解と受容を図るには…。誰にとっても暮らしやすい社会をデザインするというチャレンジは簡単なことではないけ...続きを読む
  • 依存症のすべて 「やめられない気持ち」はどこから来る?
    依存症の始まりから終わりまで。
    家族関係、友人関係が終わる一方、依存に関わる新たな関係が生まれるという。
    74ページの、立派な親に育てられても〜のくだりでは、そこまで書くのであれば実際にどうやってそういう人間が育つのかまで踏み込んでほしかった。
    97ページ、マルクスの理論化した〜のくだりが理解できな...続きを読む
  • 依存症のすべて 「やめられない気持ち」はどこから来る?
    実は自分自身が、ある方面で依存症気味なのではないか、と思えてきたので慌てて手に取って読み始めました。

    タイトルに「依存症のすべて」と自信たっぷりに書かれているだけあって、確かに依存症についての原因、現状、治療法、予防、最新の動向、そして総論も各論が過不足なく記されている印象を受けました。

    しかも...続きを読む
  • アップルのリンゴはなぜかじりかけなのか?~心をつかむニューロマーケティング~
    このタイトルだけだとアップルに関する評論のようだが、サブタイトルのように、脳科学を活用したマーケティング、「ニューロマーケティング」の解説書。アップルの話は、そのロゴが、脳科学的にみて、消費者への印象付けに如何に優れているか、という例としてのもの。

    脳科学の基礎的な解説と、それをマーケティングに活...続きを読む