「山田美明」おすすめ作品一覧

「山田美明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田美明(ヤマダヨシアキ)
  • 職業:翻訳家

『ミレニアム2 火と戯れる女』(スティーグ・ラーソン)、『史上最大のボロ儲け』(グレゴリー・ザッカーマン)などの翻訳を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/11/17更新

ユーザーレビュー

  • Hit Refresh(ヒット リフレッシュ) マイクロソフト再興とテクノロジーの未来展望
    かつて大きく成功し、その成功体験が足枷となってもがいていた組織をどう「リフレッシュ」していったか。
    現在も進行中の改革がどのように進んでいったのか。
    その改革を進めたCEOはどのような人物であるのか。
    自分のビジネス上でのヒントを得たい、という観点でも
    単純に組織の再生物語としての観点でも
    そして近...続きを読む
  • ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
    「自動運転」の現在のみにフォーカスをあてず、長年の研究の系譜に置こうとしていることが分かり、バズワードさが消えていて冷静に捉えている印象を受けた。

    ようやく自動運転カーを実現するための環境や技術がととのってきた、という論旨になっている。
    何が欠けていたのか、というと「物体を認識するための中位制御技...続きを読む
  • ISの人質~13カ月の拘束、そして生還~
    デンマーク人のダニエル・リューは体操選手を目指していた。デンマーク
    代表も夢ではなかったが、練習中の怪我で体操の道を断念した。

    大学で写真を学び、報道写真家に師事して自身も写真家になるという
    新たな目標を掲げた。その第一歩として選んだのが徐々に内戦が激化
    していたシリアだった。戦火の中でも...続きを読む
  • ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
    人工知能の現在について、自動運転車(ドライバーレスカー)を具体例として取り上げて解説した本としても読める。
    日本にいるとわからないが、自動運転車はもう思いのほか現実性のあるものとなっていることがよくわかる。日本が世界に(少なくともアメリカには)大きく後れをとっている、という現実を認識させられる。
  • AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事
    本書はAI時代に人間に求められているスキルを場合分けして説明している。著者の本はどれも非常に説得的で、本書も例に漏れず面白かった。AIの進出とともに人間が駆逐されるのではないか、という話は昨今よく聞くが、著者はそのような意見に対してはどちらかというと懐疑的で、どうしてもAIにできない部分は必ずあるた...続きを読む

特集