「山田美明」おすすめ作品一覧

「山田美明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田美明(ヤマダヨシアキ)
  • 職業:翻訳家

『ミレニアム2 火と戯れる女』(スティーグ・ラーソン)、『史上最大のボロ儲け』(グレゴリー・ザッカーマン)などの翻訳を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/09/12更新

ユーザーレビュー

  • ISの人質~13カ月の拘束、そして生還~
    デンマーク人のダニエル・リューは体操選手を目指していた。デンマーク
    代表も夢ではなかったが、練習中の怪我で体操の道を断念した。

    大学で写真を学び、報道写真家に師事して自身も写真家になるという
    新たな目標を掲げた。その第一歩として選んだのが徐々に内戦が激化
    していたシリアだった。戦火の中でも...続きを読む
  • ドライバーレス革命 自動運転車の普及で世界はどう変わるか?
    人工知能の現在について、自動運転車(ドライバーレスカー)を具体例として取り上げて解説した本としても読める。
    日本にいるとわからないが、自動運転車はもう思いのほか現実性のあるものとなっていることがよくわかる。日本が世界に(少なくともアメリカには)大きく後れをとっている、という現実を認識させられる。
  • AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事
    本書はAI時代に人間に求められているスキルを場合分けして説明している。著者の本はどれも非常に説得的で、本書も例に漏れず面白かった。AIの進出とともに人間が駆逐されるのではないか、という話は昨今よく聞くが、著者はそのような意見に対してはどちらかというと懐疑的で、どうしてもAIにできない部分は必ずあるた...続きを読む
  • AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事
    AI時代の勝者と敗者というタイトルは少々おおげさだが、AIによって置き換わる仕事?人間でなくてはできない仕事?などを体系的に整理した一冊。
    内容はとてもわかりやすく、著者自身も少々強引である…という前置きのもと5つのステップで整理している。最初は分からなかったが例もわかりやすく、本の最後の方には理解...続きを読む
  • ISの人質~13カ月の拘束、そして生還~
    年末で、「ク」から始まる2文字が付くほど忙しいさなか、寸暇を惜しんで読み耽りました。
    国際テロ組織「IS」に13か月間もの長い間、拘束されたデンマークの写真家、ダニエルの、過酷と言えばあまりに過酷な体験を、つまびらかに書き下ろした衝撃のノンフィクション。
    ISの拷問は酷いもので、たとえばタイヤの穴に...続きを読む

特集