AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事

AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事

作者名 :
通常価格 2,310円 (2,100円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

教師、弁護士、会計士、医者、科学者、記者――。これまで人間にしかできないと思われていた知識労働者の仕事でも、もはや機械のほうが有能になっている。
あなたの仕事は機械に置き換えられてしまうのか?
そんなAI時代に、人間は、企業は、どう対応すべきか?

アナリティクス界の第一人者が教える
スマートマシンの最前線、人間の強み、そして生き延びる道

AI時代に生き残れる仕事はこれだ!
ステップ・アップ――自動システムの上を行く仕事
ステップ・アサイド――機械にできない仕事
ステップ・イン――ビジネスと技術をつなぐ仕事
ステップ・ナロウリー――自動化されない仕事
ステップ・フォワード――新システムを生み出す仕事

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
394ページ
電子版発売日
2016年06月24日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

AI時代の勝者と敗者 機械に奪われる仕事、生き残る仕事 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月05日

    専門知識を必要とする仕事がまるっと機会に置き換わるわけではない。
    ただし専門知識をもとに案を出すという最も価値のあった部分がAIに置き換わる。
    あとはそれを人に説明したり、関係者の調整を行うという極めて人間的な部分が人の仕事として残る。
    ヒューマンスキルがあればあとは誰でもできる、機械と人の仲介役の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月05日

    本書はAI時代に人間に求められているスキルを場合分けして説明している。著者の本はどれも非常に説得的で、本書も例に漏れず面白かった。AIの進出とともに人間が駆逐されるのではないか、という話は昨今よく聞くが、著者はそのような意見に対してはどちらかというと懐疑的で、どうしてもAIにできない部分は必ずあるた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月18日

    AI時代の勝者と敗者というタイトルは少々おおげさだが、AIによって置き換わる仕事?人間でなくてはできない仕事?などを体系的に整理した一冊。
    内容はとてもわかりやすく、著者自身も少々強引である…という前置きのもと5つのステップで整理している。最初は分からなかったが例もわかりやすく、本の最後の方には理解...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月07日

    これから広義での人工知能の普及は避けられないだろう。IT の能力の拡大が衰えているということはないので、いろんな仕事が自動化・無人化されていくのも避けられない。
    そうなった世界でどんな仕事が残るのか、について理論的に整理し、実例をきちんと集めて裏付けたうえで解説した本。これからの時代、特に IT 関...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月11日

    「機械に奪われる仕事、生き残る仕事」と副題にあるが、そんなに危機感を煽る内容ではない。著者の主張としては、AIが大量失業者の発生といった人類の危機になるのではなく、むしろAIによって人類にできることが拡張され、さらなる発展につながるというポジティブなものだ。産業革命時の機械を排斥するラッダイト運動が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月01日

    長い。が、5つの視点から自分の将来の仕事を考える点は有意義であると考える。ただし定義が明確でないためか、一つ一つの違いを理解するのは一読しただけでは難しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月22日

    第一の自動化では機械が肉体的に辛い危険な仕事から開放した。
    第二の自動化では退屈な仕事から開放した。
    第三の自由化は機械が知能を向上させ、人間の判断を奪う。

    高失業率が続くか、新しい仕事が増えるか。
    スキルが身につかない。新人の教育現場がない。
    キャリアアップの最初の数段がない。

    AIに判断を任...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月24日

    人口知能を用いて自動化して人員削減すると、そこから進化できなくなると(疑問の余地はあるが)指摘し、人間を排除する自動化ではなく人間の能力を拡張する方向性を打ち出す。これからの人工知能と人間との関わり方については、人工知能に処理できない大局観をもった意思決定などを行うステップアップ、人工知能が得意では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年07月30日

    オックスフォード大学の研究によれば、コンピュータ化によって近い将来、米国の47%の仕事がなくなるおそれがあるという。(中略)
    自動化で影響を受けるのは、医師や弁護士、会計士、教授など、これまで機械では置き換えられないと考えられてきた「知的労働者」である。
    そして、先進諸国の労働者の4分の1〜半分が、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年09月22日



    犯罪率の上昇が、大学教育を受けていない人の失業率の増加と賃金の低下で説明できるってすごいな、そうなんだ。

    体系化できるものは、いずれ自動化されていく、のは納得感あり。

    もはや、合理的な代替案を提示する、ところまで機械化は進んでいる。医療アドバイザーの自動化がそれである。

    デスキリング、とは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています