稲田豊史の一覧

「稲田豊史」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~
    昨今、映画や動画を倍速視聴したり飛ばし見をしたりする行為が習慣化している層が一定数いることから、その発生の理由や、それがもたらす功罪を分析し社会批評としてまとめたもの。おおまかにいえば定額見放題の動画配信サービスの誕生やわかりやすさを求められる作品づくりの変化による「情報供給過多」と「情報の冗長化」...続きを読む
  • 映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~
    今、話題の本です。

    この「映画を早送りで観る人」の行為を倍速視聴
    と名付け、そのキーワードは鑑賞ではなく「消費
    」であり、その消費する作品を「コンテンツ」と
    呼ぶところに本書のキモがあります。

    本書では倍速視聴は、食事で言うなら全ての食材
    をミキサーにかけてドロドロの流動食にして、飲
    み込んでい...続きを読む
  • 映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~
    とてもよかった。問いが多いし気づきも多い。サービスを提供する側の仕事をするようになったから特にこの時勢の変化は理解しておけてよかった。
    自分は早送りしないと思っていたが、youtubeでは早送りすることもあるし、映像よりテキストが好きだし中々ドキッとする部分もあった。
    こういった本はあまり読まないが...続きを読む
  • 映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~
    読みながら自分の意見がどんどん出てくるという点で本書はめちゃくちゃ面白い。そもそも新書はそういうものが多いけれど、これほど読みながら「誰かと話し合いたい」と思う本はなかなかない。たくさんの若者、評論家への取材と彼らの深層心理が赤裸々に、適切に述べられている点が「話し合いたい」を生み出しているのだと思...続きを読む
  • 映画を早送りで観る人たち~ファスト映画・ネタバレ――コンテンツ消費の現在形~
    映画でも音楽でも本においても作品の楽しみ方が変質してきている。
    作品そのものを楽しむというより、知識として、「それ観たよ」と言うための消費に近づいている。
    更には作品を作る側も、そういう消費のありようを踏まえて作品を作る様になっているという現実。
    (そうでない鑑賞、そうでない創作もあるけれど)
    これ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!