「山口周」おすすめ作品一覧

「山口周」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山口周(ヤマグチシュウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:コンサルタント

慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。著書に『天職は寝て待て』、『外資系コンサルのスライド作成術』、『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』などがある。

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
    アート、サイエンスとクラフトの組み合わせが経営という考えに非常に感銘を受けた。アートという軸、芯、ポリシーがあり、その軸をサイエンスとクラフトという数値・統計で補う姿があるべき姿。サイエンス・クラフトに傾斜した企業であればあるほど、企業の目的である持続継続性を形成できない。常に自分たちが何をやりたい...続きを読む
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
    いつもながら、とても示唆に富んだ一冊。オウムやDeNAの例を出しながら、美意識なき経営者やエリートたちが突っ走ってしまうことの先にある危険性をわかりやすく解説してくれている。
    戦略コンサルとオウムのシステムの類似性には、ぞっとした。
    アートや哲学から、自分なりの美意識の醸成について考えてみようと思っ...続きを読む
  • 外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント
    面白くて、勉強になる。どの部分も、様々なジャンルに造詣の深い著者の文章で溢れている。部下を持ったとき、リーダーシップを発揮すべきとき、困難な状況に陥ったときなどに、読み返したい。
  • 外資系コンサルの知的生産術~プロだけが知る「99の心得」~
    ポジションを取ること。ある論点に対してどちらを取るか、自分の意見を明確にすること。異なる意見を持つ人との摩擦を起こすことで、知的生産のクオリティは高まる。ポジションを取らないと評論家になってしまう。ポジションを明確化するということは、知的生産のクオリティを高めるに当たって最も重要なポイントの一つ。最...続きを読む
  • 天職は寝て待て~新しい転職・就活・キャリア論~
    仕事に対する考え方についての本。
    章の終わりに挟まる名言録みたいなのが良い。

    印象に残ったのは、職業パーソナリティに合わない仕事では「努力しだいで成功はできるが、幸せにはなれない」というところ。仕事の幸せは人それぞれであって、成功とイコール関係ではないということ。
    「幸せになるためには仕事に全力を...続きを読む

特集