「山口周」おすすめ作品一覧

「山口周」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山口周(ヤマグチシュウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:コンサルタント

慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。著書に『天職は寝て待て』、『外資系コンサルのスライド作成術』、『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/18更新

ユーザーレビュー

  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
    MBAのような積み上げられたサイエンスだけでは、ビジネスは勝ち抜けない。
    サイエンス&アート&クラフト が必要。
    非常に納得感がある論考でした。
  • 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50
    哲学というものは、その人の人生を形作るものだと私は、最近になって感じています。
    辛い状況だと感じた時にも、物事をどうとらえるかによって、その人のとる行動は変わってきます。
    客観視する、あるいは長期的に考えることによって、状況を多面的にとらえることができるようになるのは、その人の哲学のなせる業なのでは...続きを読む
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
    なぜ今美意識が必要とされているのか、その背景をわかりやすく語った一冊。
    その必要性が語られていることは知っていたが、網羅的に勝つ、How toも含めて記載されており、非常に参考になる一冊。

    <メモ>
    ・機能の差別化から情緒の差別化の世界に。希少性が失われつつあるMBAとMFAの台頭
    ・世の中の流れ...続きを読む
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~
    アート × サイエンス × クラフト
     サイエンスがコモディティ化してきている
     イノベーションからその後は壮大なパクリ合戦
    尤もな話で、デジタルやAIによりその流れは激化している。
    コンプライアンス違反はサイエンス偏重であれば当然の現象というのも納得感がある。哲学や美学も確かに大事。
    デザイン力、...続きを読む
  • 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50
    なぜ哲学を学ぶべきなのか。
    ・状況を正確に洞察するため
    ・批判的思考のツボを学ぶ
    ・アジェンダを定める
    ・二度と悲劇を起こさないために
    この4点を意識しながら哲学を学ぶことで、日常生活に哲学を活かしていける。
    内容については個々の哲学者と命題が掲載されており、DAIGOおすすめの目次クイズをしながら...続きを読む

特集