劣化するオッサン社会の処方箋~なぜ一流は三流に牛耳られるのか~

劣化するオッサン社会の処方箋~なぜ一流は三流に牛耳られるのか~

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日大アメフト部監督による暴行指示と事件発覚後の雲隠れ/神戸市や横浜市の教育委員会等によるいじめ調査結果の隠蔽/財務省による森友・加計問題に関する情報の改竄・隠蔽/大手メーカーによる度重なる偽装・粉飾・改竄――いいオトナによる下劣な悪事の数々は必然的に起きている! ビジネス書大賞2018準大賞受賞作『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』著者による、日本社会の閉塞感を打ち破るための画期的な論考!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2018年09月21日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

劣化するオッサン社会の処方箋~なぜ一流は三流に牛耳られるのか~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    会社に不満を抱きながら「オピニオンもエグジットもせず、ダラダラとその日の糧を得ている」自分自身にハッとさせられ、情けない気分になった。このまま自分も燻りながら40代になり、「戦力外通告」を受け、3流の経営者の下で惨めな日々を過ごすのだろうか。。
    実は先日まで、転職するか悩んでいて、結局今の会社を続け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月19日

    劣化するオッサン社会の処方箋~なぜ一流は三流に牛耳られるのか~
    著:山口 周

    年をとっただけで「老いる」ということはない。つまり「オッサン」というのは、好奇心を失い、謙虚さも失い、驚きながら学び続けるという姿勢を失ってしまった人たちのことを言う。

    そしてその人物像とは①古い価値観に凝り固まり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    常に学び、感じて、行動する。
    そんなモチベーションを与えてくれる一冊。
    世の中がスピードアップし、人生も100歳まで伸びている。
    自分自身も行動し、変わっていかないといけない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    このひとは2冊目。またしてもいい意味で裏切られた。言ってるテーマは結局は同じなのだが(謙虚な気持ちで学び続け挑戦し続けることが大事)、切り口をこうも変えてくるとは。なぜ組織において一流は減り組織は劣化していくのか。気づきの多い本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月15日

    タイトルがイマイチで長い間積読になっていたが、読み始めたら面白くてあっという間に読んでしまった。こうして複雑な概念をバカでも理解できるように整理して提示してくれる頭の良い人に感謝。論理展開がイチイチ合理的で、外資系コンサルの経歴に納得。世代論の分析も元広告マンらしい視点だ。
    敢えて自分を棚に上げて言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月30日

    著者の社会構造の考察を通じて「劣化したオッサン」を分析している。そして今後の社会構造として、長く働く事や長く生きる事を前提に、学び直しや50歳以降の人生の歩み方の道標も示している。
    新しいことにチャレンジするのに歳は関係ないと言い切っている点が良かった。

    一方で個人的には「いつ取り組んでも遅くない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月24日

    ・なにかにチャレンジする、ということはそれまでにやっていたなにかを止める、ということでもあります。
    ・「学ぶ」ということは本質的な意味での「若さ」を保つ秘訣でもあります。‬‪
    ・年をとっただけで「老いる」ということはありません。つまり「オッサン」というのは好奇心を失い、謙虚さも失い、驚きながら学び続...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月22日


    日常、政界やビジネスの場で感じることが言語化されていて非常に勉強になった。つくづく年功序列のエスカレーター企業/政界が癌だと思った。変化を楽しむ国や社会でありたい、、!!!

    人生100年時代、出口治明さんも言うように、今後定年制の考え方はなく、多様性のある魅力的な組織で経験を積むこと、廃れない教...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月15日

    今まで経験知として機能していた年配上司がサイクルの早さで劣化していき三流が上に残る日本社会を論じた本。
    クソみたいな老害が見当はずれなこと言っているのも理屈が通る。
    大隈重信と南極探検の話は笑えたが簡単にいえばアホ(念のために大隈重信のことではない無知なこと)でも若手を全力でサポートすれば成果がでる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    ◾️概要
    中長期キャリアを考えるヒントとするため、読みました。本書の要点は「新しいことに前向きに挑戦し変化し続けることが、個人・組織双方にとって極めて重要」です。その前段として、止めることが必要というのは示唆に富みました。

    ◾️所感
    学習し変化し続けることは、個人のキャリア形成ひいては幸福に直結す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング