ビジネスの未来――エコノミーにヒューマニティを取り戻す

ビジネスの未来――エコノミーにヒューマニティを取り戻す

作者名 :
通常価格 1,870円 (1,700円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【内容紹介】
ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか?
これが、本書の執筆のきっかけとなった筆者の疑問です。

そして、このような結論を導き出します。答えはイエス。ビジネスはその歴史的使命を終えつつある。

さらに、21世紀を生きる私たちの課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではないといいます。では、私たちは現状をどのように受け止めた上で、未来に向けた第一歩を踏み出すべきなのでしょうか。

その答えとして筆者は、4つのサマリーを掲げます。
1.私たちの社会は、明るく開けた「高原社会」へと軟着陸しつつある
2.高原社会での課題は「エコノミーにヒューマニティを回復させる」こと
3.実現のカギとなるのが「人間性に根ざした衝動」に基づいた労働と消費
4.実現のためには教育・福祉・税制等の社会基盤のアップデートが求められる

筆者は、資本主義の過去、現在、未来を冷静に分析し、人間が人間らしく生きるために本当に必要とされるべきは、どのような「社会システム」であるべきなのかを真剣に考え続け、同書を書き上げました。
これは、それらを実現するために、私たちは何をすべきなのかを問うた、これまでにない「資本主義」論です。

【著者紹介】
[著]山口 周(Shu Yamaguchi)
1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。ライプニッツ代表。
慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史専攻修士課程修了。電通、ボストン コンサルティング グループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。その他の著書に、『劣化するオッサン社会の処方箋』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)(以上、光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』『ニュータイプの時代』(ともにダイヤモンド社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。神奈川県葉山町に在住。

【目次抜粋】
はじめに
第一章 私たちはどこにいるのか?
第二章 私たちはどこに向かうのか?
第三章 私たちは何をするのか?
補論
終わりに

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
プレジデント社
ページ数
320ページ
電子版発売日
2020年12月21日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
2MB

ビジネスの未来――エコノミーにヒューマニティを取り戻す のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    今の社会は物質的貧しさが解消された高原社会にあり、今までの価値観に基づいて成長を追い求めると非倫理的手段に頼るしかないから価値観を変えよう。と言ってもすぐに理解して納得できる人ばかりではないと思う。だから、筆者の言う、資本主義をハックしよう(システムを破壊するのではなく、内部に入り込んで変えていく)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    面白い。

    本書の結論は、「ビジネスはその歴史的使命を終えつつある」
    というあまり考えたことはないけど、言葉として認識するとかなりしっくりくる言葉でスタートするのが本書。

    今は世の中を低成長=悪、高成長=正義みたいな捉え方をしてるけど、少し言い換えて、
    低成長=成熟、高成長=未熟だとすると、物質的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    何かが始まるということは何かが終わるということっていうのにハッとしたね✋横文字が多くて調べながら読んだ。でも学びが多かった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月15日

    文化的価値を創出し、働くこと自体の享楽がコストして回収されるコンサマトリーな活動のあり方に満ちた、アートプロジェクトとしてのビジネス「Business as Art」。

    19世紀半ば以降、私たちを苛みつづけた「無限の上昇・拡大・成長」という強迫から開放された社会を、どのようにしてより豊かで瑞々しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    働く事についてもやもやーと疑問を感じていた事の答えをずばり教えてくれた。
    既に我々は満たされているはずなのに、それを感じることができない、日本社会の構造や教育、価値観について言及している。
    読み終えた時には晴れやかな気持ちになり、これから何をすべきかどの方向に向かうべきなのかを示してくれました。良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    現状の分析と提言に関しては示唆に富むものもあり、
    議論の叩き台として有効な本である。

    資本主義の行き詰まりは、長期スパンでは1960-90年以降に始まっているという。
    ファクトフルネス風にいうと貧困の脱出、資本主義による成長は世界が良くなるとともに、成熟化も促していく。
    テクノロジーやマーケティン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月29日

    高原社会という表現にしびれた。
    まさに行き着くところまで来ているのを、さらに今までの延長線上で、上を目指すことに意味はないと思う。
    また、最後の補論で「今の教育システムは、多くの人が望んでいて、最適化されている。」に、人材開発に携わる身として、響いた。
    これから、この本に書いてあった内容を、日々意識...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月30日

    ひと言でいうならば、これが一番しっくりくる。
    令和版の『論語と算盤』
    資本主義の役目を終えた時代に、ボクらは何を目指すべきか。そのひとつの道を明るく照らす一冊。

    著者の書いた本はすべて読んでいる上で言う。
    本書でも、著者の得意とする哲学や心理学などの人文科学領域の知識ががっつり活かされている。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月18日

    減税を訴える政党とBIのために増税を唱える学識者。どちらが国民のためなのか、意見を述べられる程度の知識はもてるようにならないとな…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    超富裕層が、世界中の富の半分を得ている
    SNSを展開する大企業が、現職大統領のアカウントを「永久に停止」する
    日本だけでも、年間33億着の服が廃棄されている...

    このような事実を目の当たりしにて、我々の社会はどこに向かっているか、不安に思うことがある。
    まさに、「資本主義の暴走」と言える社会がこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています