菊池良和の一覧

「菊池良和」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/01/25更新

ユーザーレビュー

  • ボクは吃音ドクターです。
    "日本人の吃音者のために書かれた最良の本"

    【選書理由】
    作家 重松清さん 絶賛!という帯に惹かれて。

    【感想】
    私が吃音に関する本を挙げるとするなら、
    フレデリック.P.マレーの「吃音の克服」と、重松清の「きよしこ」である。
    前者は言語聴覚士の書いた、後者は作家が実体験を元に書いた、
    数少な...続きを読む
  • 吃音の世界
    難発性の吃音もちです。
    吃音でかかっている心療内科の先生に勧められて読みました。

    この本の序盤の「作者の体験」の部分は、本当に共感しかありません。
    今までずっと吃音が普通だったので「吃音じゃない人って、どうして吃音の人がこんなことするのかわからないんだ」とも、気づかされました。例えば、言いづらい言...続きを読む
  • 吃音のことがよくわかる本
    吃音のことを理解できていない事を、この本を読んで知る部分が多かった。イラストも多く、読みやすい。知り合いに吃音で悩んでいる人がいたら、一読してみては?とお勧めしたい。
  • ボクは吃音ドクターです。
    私も吃音症なので、過去の記憶が何度もフラッシュバックした。


    オペラント学習とは?
    子どもが汚い言葉を言う→親が反応する
    A→Bの動作でさらに行動Aが強化されてしまうこと。
    対策として、Bをしないことつまり反応しない。


    前半とあとがきは再読する。
  • ボクは吃音ドクターです。
    吃音に悩んでいた筆者が医者になった経験と、吃音に対する真摯な想い、同じ仲間の悩みに対する想いがしっかりと書かれている。

    吃音という症状に対して、吃音を持っている人たちがどのように向き合い苦労しているか、吃音がない身としてはあまり気にしたことがなかったが、この本を読むとその一端がうかがえる。

    社会...続きを読む