「岡田尊司」おすすめ作品一覧

  • 作者名:岡田尊司(オカダタカシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1960年
  • 出身地:日本 / 香川県
  • 職業:医師

京都大学医学部卒、同大学大学院医学研究科修了。『DZ(ディーズィー)』(小笠原慧 名義)で第20回横溝正史ミステリ大賞受賞。『手のひらの蝶』、『サバイバー・ミッション』、『風の音が聞こえませんか』などを手がける。その他著書に『人格障害の時代』、『自己愛型社会―ナルシスの時代の終焉』などがある。精神科医で作家。

作品一覧

2016/11/25更新

ユーザーレビュー

  • マインド・コントロール 増補改訂版

    きちんと増補改訂されている。参考文献も使える。この手の本の入門書としては現時点で一番まともか。というか、ネット上の情報を取るために本が必要になるという現状は結構ややこしい事態では。

    Posted by ブクログ

  • インターネット・ゲーム依存症 ネトゲからスマホまで

    とてもためになる本。子供にゲームを与えてしまうことで依存症を引き起こし、社会生活を営めなくなることへの警鐘を鳴らしている。社会全体でゲームの危険性を認識し、排除していく取り組みが大切だと感じた。依存症になってしまった子への対処法も書かれてはいるが、専門知識に乏しくトレーニングを受けたわけではない普通...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 人を動かす対話術 心の奇跡はなぜ起きるのか

    題名の『人を動かす対話術』ではなく人を心にした方がより良い気がする。
    相手の心を開かせ対話を進める為の具体的な方策、テクニックが分かりやすく書かれており、対人関係を構築する上ですぐに役立つ内容。皆様にお勧めします。

    【両価的葛藤】
    悩み迷うとき、こちらに進むべきか、あちらに進むべきかわからなくなっ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集