生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「恥をかくのが怖くてチャレンジできない」「人に嫌われてると思い込む」これらは回避性パーソナリティー障害の特徴である。自尊心が傷つくことへの強烈な不安・心配ゆえに「何もできない人」が、能動的な日々を過ごすためのヒントとは。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
304ページ
電子版発売日
2016年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    この本の存在を知ってから実際に買って読むまでに2.3年かかった気がする。

    理由は少しめんどくさかったから。

    だけど読んでみて、今自分を理解するためのバイブルになってるかもしれない。

    何度も読み直してる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月31日

    伸ばし伸ばしにしてようやく読めた本。実は面倒くさがりな人や逃げ体質な人は回避性なのではないか。また著名人にも回避性の人がいるというのと、カウンセリングを受けに来た患者がどのように一歩を踏み出せたかに気付きがあった。読んでよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月02日

    岡田尊司さんの本は、普通に読み物として面白くて好きです。
    お仕事関係で精神的な障害について学びたくて手に取りますが、興味深く読んでいます。
    もっと深めたい、もっと知りたいと思っています。
    対処法がなかなか難しいなと思うけれども、どのような心理でそういった行動、理論が働くのか?を学ぶのは大切なことだと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月24日

    もしかたら自分は回避性パーソナリティなのではないかと思い購入して読ませていただきました。
    読み進めていくと、本当に一つ一つの特徴や回避性になる原因などが自分に当てはまっていてびっくりしています。
    どうして自分がこんなにも生き辛さを感じていたのかがはっきりしたことにより気持ちが楽になりました。
    回避性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月29日

    回避性パーソナリティ障害の当事者、必読。
    「読むカウンセリング」とも言うべきか、読んでいるうちになぜか「一歩踏み出してみよう」という意欲が出てくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月26日

    自分の特徴と当てはまることが上手に言語化されている部分があり、自分がどういう経緯でどんな気持ちになっているのか認識しやすくなり、気持ちよかった。
    回避性と回避型が途中でごっちゃになりやすかった。実際、そこがあいまいになりつつあるらしいのだけれど。
    濃淡があるとはいえ、回避性の項目は多くの人に当てはま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月20日

    生きるのが面倒くさいので、読んでみました。

    ざっくり言うと回避性パーソナリティ障害という症状があり、対人関係が強いストレスになって、引きこもったりしてしまうという内容。

    親のかまわれず愛情を感じられなかったり、ダメ出しばかりされると引きこもりになったり、人を信用できなくなってしまうらしいです。 ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月21日

    タイトルに呼ばれた気がして読み始めましたが、割と当てはまるを超えて、ほぼ当てはまるのは初めての経験でした。
    冒頭の筆者自身の過去話に共感する人は一読の価値ありかと思います。

    人間関係や些細であっても何かしらの決断への回避行動、それに伴うひきこもりの例などが多く紹介されており、読んでいる途中「わかる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月01日

    面倒くさがりの私が読むべき本!?
    本を読み出すと何もしたくなくなる…メシタキ、ソウジ、ネバナラヌコト…。

    回避性…初めて聞いた言葉だった。素人にはちょっとこんがらがるところもあるが、最後の方は具体例もあり分かりやすかった。
    筆者の岡田さんは現在メンタルクリニックを開業してらっしゃるが、ご本人も回避...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    ベートーヴェン、モーム、ブラームス、森鴎外、井上靖に村上春樹。

    著者が、回避性向をもつ人物として挙げた人物たちです。そのパーソナリティーのために恋愛や人生において困難な状況に直面せざるを得なかった人物として挙げられたのは、錚々たる著名な音楽家や作家達であることに大変驚きました。

    その性向のため、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

朝日新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング