マインド・コントロール 増補改訂版

マインド・コントロール 増補改訂版

作者名 :
通常価格 865円 (787円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

なぜ、あなたは、だまされやすいのか?

いまの時代、マインド・コントロールは、テロリストのような見るからに危険そうな集団の専売特許ではなく、親切な顔をして、いつのまにか懐に入り込んでくる。カルト集団やブラック企業のみならず、あらゆる組織が、この技術を援用している現代、氾濫する情報の海に呑みこまれないためにはどうすればいいのか。

「本書は21世紀の必読書である。マインド・コントロールは、善用も悪用もできる。この現象の強さと弱さ、特に悪用された場合の危険について知ることが、21世紀を私たちが生き抜いていく上で不可欠だ」(佐藤優氏の推薦コメント)

単行本の刊行から4年、最新の情報を盛り込むなど、大幅に加筆して中身を刷新。

●目次
第1章 なぜ彼らはテロリストになったのか
第2章 マインド・コントロールは、なぜ可能なのか
第3章 なぜ、あなたは騙されやすいのか
第4章 無意識を操作する技術
第5章 マインド・コントロールと行動心理学
第6章 マインド・コントロールの原理と応用
第7章 マインド・コントロールを解く技術

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年04月28日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

マインド・コントロール 増補改訂版 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    とても怪しげで現実には無さそうなタイトルではあるが、日常的にありふれた問題が描かれている。
    マインドコントロール、洗脳に関する研究や実験を丁寧に挙げ、それらが現在でもあり得るもの、してしまいがちなもの等に繋げて話をしている。
    分かり難いものや、縁遠い話かと思われる話題ではあるが、何のことはなく、とて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月23日

     大学に進学して間もない頃、田舎の高校を卒業した右も左もわからない若者(私)を密室に連れ込み洗脳しようとした奴ら。今思えば怖くなって逃げ出したからよかったけど、あのまま残って奴らの話を聞かされてたらどうなってたことやら。
     先が見えず誰もが不安な昨今。誰かに頼らないと生きていけない不安な人々とその隙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月04日

    時間をおいて何度でも読み返したい

    人は大なり小なりのマインドコントロールを受けて生活をしている、常に情報や状況を疑ってみることを忘れずに、ですね 

    しかし誰かの洗脳を解くのは文字で理解するより遥かに困難を極めるでしょう

    頑固な身内がいるが、あれを疲れるまで説得しようとしても、真っ先にこちらが疲...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月15日

    この著者の本はたくさん読みました(精神科医が書いていることもあり、機能不全家族をどのように捉えたらよいのか、私なりに大変参考になりました)が、特に本の後半で精神保健福祉法第22条について書かれていたことが目からうろこでした。
    私なりに法律には詳しいつもりでいましたが、これまで精神的に大変な人と関わる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    マインドコントロールについて分かりやすくまとまっている本。
    国家レベルやカルトが使う洗脳というイメージが強かったが、一般の生活や企業活動にも広く使われていることが分かる。内容を知ることで対策も立てられる。良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    動機付けと操作性、洗脳と脱洗脳、そしてパーソナリティーこと などなど。医療や教育そして宗教の裏表。歴史も細かく記述してありよく整理がデキた。タフな仕事ですな、これに対峙するのは。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    教養として一読は必須の書

    ふじなお 2017年06月07日

    是非を短絡的に決めたがるなど、小さな自己思想の放棄は身近ですよね。遠い話ではない可能性も感じてゾッとしました。ゾッとした事による視野の拡がり方を感じるためだけにも、オススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月07日

    なるほど…佐藤優氏の言う通りの本。
    背筋に寒気を感じながら読みました。マインド・コントロールとは典型的には新興宗教にハマってしまった信者のことなどを思い浮かべますが(そして実際この本もそういった事例に多くの紙幅を割いていますが)、いや、ある意味我々皆が何かしらのマインド・コントロールを受けていると言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月28日

    マインド・コントロールについて、そのメカニズム、実践や研究の歴史、対処法など、多角的に解説。
    マインド・コントロールについて、とても理解が深まった。思っていた以上にマインド・コントロールや催眠に威力があることを知り、驚くとともにちょっと怖くなった。マインド・コントロールに陥らないためのワクチン的効果...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月25日

    宗教や捕虜に対するマコ(略)えげつない。善意でも、例えばうつ病患者の脳に幾度も通電(激痛なので強制的に眠らせつつ)し記憶を失わせ、良い思考法を強制する治療もあった。マコされてみたいが意思の強い者を取り込むまでの工程がなんせえげつないから無理そう…断定しないで仄めかす&ABどちらを選んでも同じ方向にな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング