愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、人は変われる~

愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、人は変われる~

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

慢性うつ、不安、依存症、摂食障害、自傷、発達障害、不登校、ひきこもり……長引く不調の原因は、大切な人との「傷ついた愛着」にあった! 幼い頃に親との間で安定した愛着を築けないことで起こる愛着障害は、大人になってもその人を苦しめ続ける。本書では愛着研究の第一人者が、愛着障害に苦しむ人や家族、支援者に、臨床の最前線から、回復のための最強メソッドと実践の極意を公開。医療のパラダイムを根底から変える一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2016年11月18日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、人は変われる~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    ハンマーで頭をぶん殴られたような衝撃的な本。カウンセラーが一時的に安全基地になることを容認し、メンタライジングやマインドフルネスといった手法を使う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月17日

    何をやってもぽっかり心に穴が開いた状態になり、途中で躓いてしまう、その根本が愛着障害にあるのではないかと分かった時、過去のことがフラッシュバックされ、それが糸で繋がったように感じた。

    認知からではなく愛着から改善を。それも心にストンと落ちた。今までは考え方とか捉え方とかを変えようと頑張ってきたが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月21日

    “愛着障害”に関し、著者は複数上梓しているので、
    今更ながら、時系列的に、刊行された順番に読んでいくべきだったと読み終えて気づくに至る。

    著者のきわめて論理的な、スキのない文章は説得力があるが、
    とりわけ、ところどころ挿入されている具体例がものすごくわかりやすく、
    身近に感ぜられるとともに切ない気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月14日

    とても役に立つ。実際の事例を引き合いに、愛着障害の種類と照らしてメカニズムを説明して対応方法について分析している。
    購入したい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    難しいけど、読んで損なし。

    o6o5mizue--bon7o7o 2018年01月28日

    娘でもあり、母親でもある立場上、『親が変われば子が変わる』←的な実例ばかりで、読んでいて苦しかった。

    親に今さら甘えられないし、病気までいかないから、伝えるなんてできないし、したくない。でも、明らかに苦しんでいる自分がいて、それに気付かされるから苦しいし辛い。

    でも、子に同じ苦しみや、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月14日

    医療モデルでは、症状がでたり問題行動をおこす子どもが悪いとの見方になりがちだが、愛着モデルでは環境や家族関係の問題ととらえる、という見方には納得。
    読みながら関わった子どもたちや自分に当てはまるところがたくさんあって、泣いてしまいました。
    愛着障害の克服事例として、愛着障害のもとになった親に働きかけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    まず、重度の愛着障害の人と間近に接してみた者として…

    本書をはじめ岡田先生の著書に唯一決定的に欠けているのは、安全基地となる者の条件、努力、精進を求めるばかりで、本人の自助努力も必要だという点にはほとんど言及されていないことだと思う。すべては安全基地がないせい、安全基地となる者が未熟なせい、といっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    愛着障害という、愛着を抱くべき人に適切な愛着を抱けなかった事によって起きる様々な障害についての本。
     愛着障害に対する治療法が書かれているのかと思ったが、まず筆者は愛着障害の原因は障害を抱えた本人ではなく、親や親類、上司など周囲の人間にあるという。
     そのせいか、愛着障害を持ち、苦しむ本人が、自分か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月14日

    人が抱える内面や対人関係、社会適応に関する様々な悩みは、実はその背景に愛着障害が潜んでいることが多い。愛着障害とは、家庭環境における問題(親の離婚、過干渉、虐待等)によって愛着が不安定となり、生きるための土台となる安心感や幸福感が欠如し、社会生活や対人関係に問題を引き起こしてしまう状態のことである。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月03日

    療育の現場にいるとよくあるケース。ただ、そこに切り込んでいってアプローチするのは大変。しかし、こういうことが1つの考え方や視点として世の中に広まることはいいことなのではないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています