人格障害の時代

人格障害の時代

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

短絡的な殺人など、不可解な事件がなぜ起こるのか。アルコール依存や拒食症はなぜ止まらないのか。児童虐待、家庭内暴力がなぜ多くなっているのか。欲望をコントロールできない人がなぜ増えているのか…。これらは「人格障害」という病理から発しているのだ。現代人の誰もが感じ、直面している不安に、治療の最前線に立つ精神科医が答えを示す。

ジャンル
出版社
平凡社
掲載誌・レーベル
平凡社新書
ページ数
214ページ
電子版発売日
2015年08月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

人格障害の時代 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月17日

    人格障害について、それぞれのタイプの解説が詳しく、また否定的な面だけでなく才能を伸ばしうる分野についても言及している点がとても興味深かった。読んでいて人間誰しもいずれかの人格障害的な側面を持ち合わせているだろうなと思った。例えば自分は軽度の回避性人格障害?と思う。そういった意味でも他人事とは言えない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月27日

    [ 内容 ]
    短絡的な殺人など、不可解な事件がなぜ起こるのか。
    アルコール依存や拒食症はなぜ止まらないのか。
    児童虐待、家庭内暴力がなぜ多くなっているのか。
    欲望をコントロールできない人がなぜ増えているのか…。
    これらは「人格障害」という病理から発しているのだ。
    現代人の誰もが感じ、直面している不安...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    著者は、小説家としても活躍しているそうで、どうりで、他のこういった系統の本に比べて、読みやすく且つしっかりとしていた。
    自分の性格や、障害に苦しみを見出している人には、一読することをお勧めしたい本だ。
    読んだ中で、いくつか、興味深かった部分を自分なりにまとめて、紹介させてもらってもいいかしらん。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     私は自分の問題としてこの本を手に取った。具体例から社会論まで書ききっている、なかなかの著作だった。
     人格障害とは、ボーダーライン(境界性人格障害)に代表されるような、精神病未満、神経症以上の、自己愛や自己否定を伴うこころの障害である。うつや依存症をひきおこす根本原因である場合もあるとも説明されて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月07日

    非現実的な妄想をしたり、人目を惹きつけるための特異な行動をしたり、あるいは人を過度に避けるような人たちについて、そのタイプや原因、治療法などについて書かれたもの。
     人格障害というと精神科に通わないといけないような特定の人たちのことだけをいう、ということではなく、社会全体が人格障害的な傾向を生みやす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月11日

    人格障害という症例が増えてるのは確かかもしれないけど、原因は書かれているよりもっと難しいし、対処も難しい。素人が判断するのは危険だろう。こういう類の本はもっと慎重に書かれるべきかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最近は心を病んでる人が多いし、妙な人間も増えてきている。それを具体例をあげつつ、医学的見地から説明。まぁまぁおもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています