マルクス・ガブリエルの一覧

「マルクス・ガブリエル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/11/30更新

ユーザーレビュー

  • なぜ世界は存在しないのか
    哲学で最も基礎的な存在と認識に関する問題に真正面から取り組んでいる。結論だけ見れば、日常的な感覚に即した極めて穏当なものだが、少しでも哲学をかじった者ならば、著者の論の進め方になるほどと思うのではなかろうか。論の雰囲気だけで言うならば、フッサールの現象学にウィトゲンシュタインの言語ゲーム的なものの見...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
    「新しい実在論」を説く若手哲学者による哲学書。

    訳語がですます調なのと、卑近な例が多く使われていて、思ったよりも読みやすい。

    どうも近年?の哲学は、観察する側とされる側(主体と客体というか)のどちらに重きを置くかの論争になっていて、本書の著者はどちらにも重きを置く立場らしい。

    同じものでも見る...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
    哲学の本としては、異例に評判になっているらしい。

    「現代思想」の本としては、わりと読みやすいかな。

    ある意味、当たり前のことを言っている感じもする。

    この本が評価されるということは、これまでの哲学が極論というか、話を必要以上に難しくしすぎていたということか?

    ポストモダーン思想をある程度読ん...続きを読む
  • なぜ世界は存在しないのか
    よみうり堂店主の2018年の3冊。
    「新しい実在論」の旗手による刺激的な論考。私たちが存在するとはどういうことかを徹底的に掘り下げる。
  • なぜ世界は存在しないのか
    とてもわかりやすく実在論を書いてある。また、訳がわかりやすい。最後にテレビドラマでしめくくったのが、現在風かもしれない。