橋爪大三郎の作品一覧

「橋爪大三郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:橋爪大三郎(ハシヅメダイサブロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年10月21日
  • 出身地:日本 / 神奈川県
  • 職業:大学教授

東京大学文学部社会学科卒。著作に『ふしぎなキリスト教』、『ゆかいな仏教』、『言語ゲームと社会理論―ヴィトゲンシュタイン・ハート・ルーマン』などがある。日本福音ルーテル教会の教会員である。

作品一覧

2023/12/27更新

ユーザーレビュー

  • 世界がわかる宗教社会学入門
    一般的な宗教に関する「アレってなんで?」はだいたいこの一冊あればなんとかなりそう。
    読みやすいし、内容も分かりやすくまとまっている。
    文体も柔らかい感じ。中高生でも難なく読めると思う。
    自分は頭が良くないのでときどき読んで思い返したい。そんな本。
  • ふしぎなキリスト教
    めちゃめちゃ面白い。最初から最後までびんびんだった。キリスト教で疑問だったことが悉く語られている。キリスト教や聖書のおおまかな知識をつけてから読んでよかった。
    著者2人の見識がすごいなあ。どれだけ深い知識があるのだろう。
    でも、橋爪さんという人は学者でありながらクリスチャンであるようだが、教義が政治...続きを読む
  • はじめての構造主義
    インタビューデータの質的分析は主観的にならざるを得ない.インフォーマントの語りも事実を語っているわけではなく主観に引きずられている.そのようなデータをどう分析すれば良いかと言う点で構造主義が関係してくる.というわけで,構造主義の超入門書を読んでいるが『はじめての構造主義』がとてもわかりやすい.

    ...続きを読む
  • はじめての構造主義
    構造主義のこれ以上ない入門書。『寝ながら学べる構造主義』も読んだが断然こちらがオススメ。中高生のうちにこれを読んだ人が羨ましい。

    第1部はレヴィ=ストロースの伝記とソシュール一般言語学の系譜。ここは他の本と大差ない内容だが、構造人類学の方法論の記述はかなり詳しい。本書は中高生向けに特別易しく書いて...続きを読む
  • 核戦争、どうする日本? ──「ポスト国連の時代」が始まった
    社会学者 橋爪大三郎による日本核武装論の検証と国連機能不全化後の安全保障について考える。
    ルトワックも日本は必ずしも核武装する必要はないと言っていたが、橋爪も米国の核が抑止力として機能していると日本人が思っている限りは必要ないだろうと言うもの。
    逆に言えばアメリカが中国等から日本に核兵器を使って攻撃...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!