パワースピーチ入門

パワースピーチ入門

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

新型コロナウイルス危機下、あらためて問われたのは「リーダーの指導力」だった。

福澤諭吉、チャーチル、齋藤隆夫から
コロナ渦で注目されたクオモNY州知事、メルケル首相、安倍晋三首相までのスピーチを引きながら、
人々を鼓舞する良いスピーチ、落胆される駄目なスピーチの違いを徹底解説。

これを読めば、人を心を揺さぶり動かす言葉の法則が明らかに。

【本書で引用されるスピーチ】
私はみなさんを誇りに思います。
NY州兵が招集されると、ニューヨーカー一人ひとりが必ず誇らしい気持ちになります。
じゃあ言おう。さあ、出て行って、コロナウィルスを一発、蹴っ飛ばしてやれ。
それでもって、われわれは、人びとの命を救う。NYはあなたがたに感謝する。
みなさん一人ひとりに、神の祝福があるように。
(第1章・クオモNY州知事スピーチの抜粋)


今日は悲しい日だ、と首相は言った。本当に、悲しい日だ。
でも、こんなふうに考えてみたらどうだろうか。
もしもこの戦争の試練がこの島にも及ぶのなら、
いまの世代の英国人たちは、待っていましたと相手になる。感謝したいぐらいだ。
いまの世代は、その昔の父祖たち、イギリスに法律を根づかせ、
イギリスの偉大さを築いた父祖たちに、ひけをとらないと証明できるのだから
(第3章・チャーチルスピーチの抜粋)


【目次】

第1部伝説の討論

第2部これがパワースピーチだ
 
第1章クオモNY州知事の伝え方
第2章メルケル首相の言葉を紡ぐ力
第3章チャーチルはなぜ歴史を動かせたか

第3部パワースピーチのつくり方

第4章添削でよくなるスピーチの実例
第5章日本の名スピーチの実践者たち

第4部スピーチ力を伸ばす

第6章スピーチ原稿を磨く
第7章スピーチ力を育む

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2020年07月10日
紙の本の発売
2020年07月
サイズ(目安)
3MB

パワースピーチ入門 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    聞き手に魅力的なスピーチ(パワースピーチ)を考える本。NY州クオモ知事やメルケル独首相のリーダーのコロナ関連記者発表(スピーチ)はなぜ伝わるのか、日本の記者発表はなぜ伝わらないのか。各スピーチの構成や表現の分析があり、著者の添削例で改善すべき箇所が実感できる。日本語には官公庁言葉である整備文体や企業...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    言葉は人を表す。
    必要な言葉のみを伝える。
    そのために、読み、書き、伝える。
    精選された言葉を使っていきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月27日

    実例として安倍首相の緊急事態宣言の添削があり、面白い。
    整備文体(=意味を分からなくするために使う文体)を用いる官僚がスピーチ原稿を用意することの問題点を指摘しているが、これは保守的な民間企業でも全く当てはまる現象と実感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月17日

    パワースピーチというものは確かにある。
    必要な場面も、必ずある。
    それは分かる。
    いくつか例も挙げられている。
    コロナに関して言えば、NY市長とか、メルケル首相だったりとか。
    が、その結果、どうなったのか、どう受け止めてどういう効果があったのかいまいちわからない。
    日本にはパワースピーチが生まれにく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月22日

    書かれていることは、きわめて真っ当。
    だから、意外性や発見感は少ない。

    安倍晋三前首相のスピーチの
    分析が一番面白い。
    不要なことを捨てると半分以下になるし。

    しかし、これで「平均点かそれ以上」という
    評価になる日本の政界っていったい??

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川新書 の最新刊

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング