世界史に学ぶ経済

世界史に学ぶ経済

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

リーマン・ショック後、日米欧の果敢な金融緩和や財政出動によって、世界経済は壊滅的な状況になるのを回避しました。しかし今後、金融緩和の縮小段階に入っていくなかで、各国の経済や市場に大きな影響を及ぼすことが予想されます。ただし、何が起きるのか、それがどれぐらいのマグニチュードで起きるのかは、誰にも正確な予測はできません。
 同様に、中国の台頭で世界の覇権構造はどう変わるのか、動力革命・インターネット革命に続くイノベーションは何か----といったことは、誰もが最も知りたいところでありますが、予測も困難です。ただし、現在の世界は、過去の歴史の積み重ねでつくられています。世界経済のさまざまな歴史を知ることは、今の時代を読み解くカギになるでしょう。
 本書は、「中国は経済発展を持続できるか」とか「シェール革命で何が変わる」など、現代人がいま気になっていることを、過去の類似の事象などと比較して考えてみました。社会制度や科学技術も異なる時代の事象との安易な比較は慎むべきとしても、思わぬ示唆が得られるはずです。

 本書の主な内容は以下のとおりです。
Part1 歴史で今を読み解く
疑問1 米国の金融政策はなぜ市場を乱す?
疑問2 中国の「影の銀行」は破綻する?
疑問3 アルゼンチン危機はなぜ頻発?
疑問4 貿易自由化はなぜ始まった?
疑問5 シェール革命で何が変わる?
疑問6 中国は成長を持続できるか?
疑問7 日銀が異次元緩和をしたのはなぜ?
疑問8 ITは仕事を奪うか?
疑問9 超インフレ時の株価は?

評論1 現代中国史 毛沢東とトウ小平の改革は常に「政治優先」だった
評論2 成長の壁に直面する先進国「戦争経済の先」を古典に学ぶ

Part2 これが世界史を変えた
砂糖と紅茶 「イギリス風朝食」成立の裏面史
気候変動 飢饉をもたらした小氷期
麻薬 植民地経営の資金源
新幹線 世界の交通史を変えたスピード、収益、運行方式
ファッション スーツの原型は下級貴族の日常着
人口と地政学 ユーラシア覇権巡る攻防 歴史を左右した人口動態
オリンピック 冬季開催に反対した北欧
エロスと交易 長崎貿易を支えた遊女のコスプレ

大作を読む1 E・H・カーの『歴史とは何か』
大作を読む2ウィリアム・H・マクニールの『世界史』

Part3第一次世界大戦から100年
1総力戦が結びつけた「デモクラシー」と「ナショナリズム」
2政治指導者たちの誤算を描く『八月の砲声』
3人口爆発、経済成長、軍拡 強大化で孤立したドイツ

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
毎日新聞出版
掲載誌・レーベル
週刊エコノミスト
シリーズ
週刊エコノミストebooksシリーズ
電子版発売日
2014年06月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
16MB

世界史に学ぶ経済 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

世界史に学ぶ経済 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 世界史に学ぶ経済
    220円(税込)
    リーマン・ショック後、日米欧の果敢な金融緩和や財政出動によって、世界経済は壊滅的な状況になるのを回避しました。しかし今後、金融緩和の縮小段階に入っていくなかで、各国の経済や市場に大きな影響を及ぼすことが予想されます。ただし、何が起きるのか、それがどれぐらいのマグニチュードで起きるのかは、誰にも正確な予測はできません。  同様に、中国の台頭で世界の覇権構造はどう変わるのか、動力革命・インターネット革命に続くイノベーションは何か----といったことは、誰もが最も知りたいところでありますが、予測も困難です。ただし、現在の世界は、過去の歴史の積み重ねでつくられています。世界経済のさまざまな歴史を知ることは、今の時代を読み解くカギになるでしょう。  本書は、「中国は経済発展を持続できるか」とか「シェール革命で何が変わる」など、現代人がいま気になっていることを、過去の類似の事象などと比較して考えてみました。社会制度や科学技術も異なる時代の事象との安易な比較は慎むべきとしても、思わぬ示唆が得られるはずです。  本書の主な内容は以下のとおりです。 Part1 歴史で今を読み解く 疑問1 米国の金融政策はなぜ市場を乱す? 疑問2 中国の「影の銀行」は破綻する? 疑問3 アルゼンチン危機はなぜ頻発? 疑問4 貿易自由化はなぜ始まった? 疑問5 シェール革命で何が変わる? 疑問6 中国は成長を持続できるか? 疑問7 日銀が異次元緩和をしたのはなぜ? 疑問8 ITは仕事を奪うか? 疑問9 超インフレ時の株価は? 評論1 現代中国史 毛沢東とトウ小平の改革は常に「政治優先」だった 評論2 成長の壁に直面する先進国「戦争経済の先」を古典に学ぶ Part2 これが世界史を変えた 砂糖と紅茶 「イギリス風朝食」成立の裏面史 気候変動 飢饉をもたらした小氷期 麻薬 植民地経営の資金源 新幹線 世界の交通史を変えたスピード、収益、運行方式 ファッション スーツの原型は下級貴族の日常着 人口と地政学 ユーラシア覇権巡る攻防 歴史を左右した人口動態 オリンピック 冬季開催に反対した北欧 エロスと交易 長崎貿易を支えた遊女のコスプレ 大作を読む1 E・H・カーの『歴史とは何か』 大作を読む2ウィリアム・H・マクニールの『世界史』 Part3第一次世界大戦から100年 1総力戦が結びつけた「デモクラシー」と「ナショナリズム」 2政治指導者たちの誤算を描く『八月の砲声』 3人口爆発、経済成長、軍拡 強大化で孤立したドイツ
  • 世界史に学ぶ経済vol.2
    220円(税込)
    「歴史は繰り返す」と言います。だからこそ、現代の問題を解く鍵を、我々は歴史に求めます。  喫緊の課題でいえば、ウクライナ問題は国際秩序にどんな影響を及ぼしていくのか、経済格差や急速な高齢化問題を抱える中国で経済発展は続くのか、という疑問があります。こうした問いへのヒントが、古今東西の歴史の中に眠ってます。川北稔・大阪大学名誉教授は週刊エコノミスト編集部のインタビューに答えて、こう述べています。「歴史学とは過去の学問ではなく、本質的には未来学である」と。  週刊エコノミストebooks「世界史に学ぶ経済vol2」の本書は、2012年6月19日号の特集「世界史で学ぶ経済」を電子版化したものです。国債、恐慌、通貨、金、宗教の現代的課題を歴史に学んでいます。  本書の主な内容は以下のとおりです。 Part1 歴史に求める危機の処方箋 【国債】国債は民主主義の健全性を映す 【恐慌】恐慌伝播のルートはいつも同じ 【通貨】貿易・金融の中心が基軸通貨に Part2 宗教、金、移民と経済 【金】経済の価値尺度となった金本位制 【移民】表面化する多文化主義への反動 【宗教】欧州危機で明らかになった倫理観の差 ■特別インタビュー 歴史の中のいま ・今井賢一「世界はまだ近代を終えていない。「マルチスカラー」分析でやり直せ ・川北稔「日本は欧米に追いついたのではなく、東アジア世界システムの先頭にいた」
  • 世界史に学ぶ経済vol.3
    220円(税込)
    週刊エコノミストebooks「世界史に学ぶ経済vol.3」の本書は、2014年5月6日/13日号の特集「歴史に学ぶマネーと経済」をまとめた電子書籍です。 「世界は低成長期に入ったのか?」「日本をはじめ先進国は巨額の財政赤字を減らせるのか?」「ビットコインは通貨として認められることになるのか?」「中央銀行は本当に物価を動かすことができるのか?」など、多くの読者が気にしている問題のヒントを歴史に求めています。 主な内容は以下のとおりです。 【ここが気になる】 1.世界は低成長時代に入ったのか? 2.日本は巨額債務を減らせる? 3.株式の高速取引は悪者か? 4.中国金融危機は過去にもある? 5.デフレの原因は分かったか? 6.プロなら株式運用がうまい? 7.ビットコインは通貨になる? 8.中央銀行は物価を動かせる? 9.為政者はなぜ紙幣を刷りすぎる? 【知っているつもり?!】 1.相場格言「セル・イン・メイ」は150年前から 2.シカゴマーカンタイル取引所は半世紀前は閉鎖寸前だった 3.超インフレのジンバブエのその後 【江戸・幕末維新の通貨史】 1.見直される荻原重秀の元禄貨幣改鋳 2.昔は「悪札」とされた藩札の再評価 3.明治日本の統一通貨「円」誕生の紆余曲折

世界史に学ぶ経済 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

週刊エコノミスト の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング