「板谷敏彦」おすすめ作品一覧

「板谷敏彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • 日本人のための第一次世界大戦史(毎日新聞出版) 世界はなぜ戦争に突入したのか
    第一次世界大戦の入門書として、大変良くまとめてあり、わかりやすい本です。教訓も沢山、小ネタもふんだんに盛り込まれています。
  • 日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち―
    これはすごい本です。
    日本人全員が歴史教育課程で読むべきです。
    ドラマティックに語られる日本史において
    常々抱いていた疑問、
    「それ、誰が金を出してるの?」

    日露戦争における、
    その疑問を完璧にクリアにしてくれました。
    副題の通り「高橋是清と欧米バンカーたち」の
    活躍(暗躍?)が見事に描かれており...続きを読む
  • 日本人のための第一次世界大戦史(毎日新聞出版) 世界はなぜ戦争に突入したのか
    第一次大戦に関して戦闘そのものよりも各国の様々な動き、経済や産業など中心によくわかりました。 ナポレオン戦争やその後の欧州内での戦争からすでに遠因はあり、第二次対戦の遠因はこの第一次大戦にあるということも。 中東の混乱もこの第一次対戦頃から現在に至るということも。 19世紀以降になると当事国だけでな...続きを読む
  • 日本人のための第一次世界大戦史(毎日新聞出版) 世界はなぜ戦争に突入したのか
    第一次世界大戦通史を豊富なデータ、グラフ、図でわかり易く解説している良作。時代背景も詳しく説明されているので読み物として面白い。日本人にとっては第二次世界大戦に比べると印象の薄い第一次だが、ヨーロッパからする世界大戦とは第一次のことであり、第二次と連続した大戦だったということが理解できた。第一次の経...続きを読む
  • 日露戦争、資金調達の戦い―高橋是清と欧米バンカーたち―
    めちゃくちゃ面白かった。そしてすごい勉強になった。日露戦争はホントに奥深い。

    ・日露戦争近くの頃、ロシアのGDPは日本の3倍だったが、1人あたりGDPは日本と略同水準。
    ・日本の金本位制導入後の初めての外債発行は失敗だった、IR不足、リスクプレミアムの不足、有力マーチャントバンクに頼ってなかったこ...続きを読む