「松田卓也」おすすめ作品一覧

「松田卓也」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/05/20更新

ユーザーレビュー

  • 2045年問題 コンピュータが人類を超える日
    「技術的特異点(シンギュラリティ/Singurality)」とは、
    マイクロチップの集積でコンピュータの処理速度が究極的に進むことにより、
    コンピュータの能力が人類の知能を超える、ある時点のことをいう。
    その特異点の先は、人類自身がコンピュータと人類の未来を予測することが
    できなくなると考えられてる...続きを読む
  • 2045年問題 コンピュータが人類を超える日
    2016/05/04
    シンギュラリティ信者ではあるが、その良い面と悪い面の両面から論じられており大変参考にある。
    具体的に知性を持った人工知能ってどういったもので、今どの段階まで出来てるのかは他の本を当たる必要がある。
  • 間違いだらけの物理学
    重力・遠心力・潮汐力に関する章は、いたって普通だ。高校で学んだ知識を元に落ち着いて考えたら分かる範囲ではないだろうか。

    飛行機が飛ぶしくみについては、はっきりいって理解しかねた。実際に流体の方程式を計算してみないとちゃんとはわからんということだろう。「間違いだらけ」の原因は数式に関する素養がない素...続きを読む
  • 2045年問題 コンピュータが人類を超える日
    2045年問題(技術的特異点)をテーマにした本の中では解りやすくSF的分析からも熱い内容になっていました。

    - 1章「コンピュータが人間を超える日」
    「2001年宇宙の旅」「攻殻機動隊」「ターミネータ」「マトリックス」などのSF作品の説明を元に、それぞれの未来論に対しての親和性を説かれている。著者...続きを読む
  • 2045年問題 コンピュータが人類を超える日
    技術的特異点
    シンギュラリティ

    2045年、遅くとも今世紀中には迎えるとされる、人類の知性をこえた人工知能の誕生。
    そのとき、世界・人類はどうなるのか。
    技術は指数関数的に進化しており、これまでSF染みて語られていたことが、近い未来として来ることが見え始めている。
    ここから、さらにその進化の速度が...続きを読む

特集