「井上章一」おすすめ作品一覧

【井上章一】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2017年8月号

作品一覧

2017/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 京都ぎらい
    色々な「京都本」の中で、もっとも秀逸だと思う。確かに「1000年のいらやしさ」が全部つまってる。京都のことを知る上でもっともおすすめ。
  • 京都ぎらい
    「たとえば、身体障害については言及しづらいが、ハゲをめぐる陰口は、ゆるされる。」

    タイトルを読むだけで議論を起こす本とわかる。
    本書を読めば、表面的な話でないとわかる。
    洛中至上主義。それを批判しつつも洛外の中でランク付けする彼ら。

    面白い。
  • 京都ぎらい
    とてもおもしろかった。タイトル通り、洛外で育った著者が洛中のことが嫌いだ、ということを述べてはいるが、単にそれだけにとどまらない。やはり文化論だった。笑えるところもある。
  • 日本に古代はあったのか
    歴史学者ではなく、建築が専門である著者の初歩的な疑問、つまり、外国人から聞かれた法隆寺の建設時の時代区分から出発し、その疑問点を書き綴っていくのだが、関西人であり、京都人である著者のユーモアあふれる書きぶりがとっても面白かった。内容は以下のとおり。
    1宮崎市定にさそわれて
    2内藤湖南から脈々と
    3ソ...続きを読む
  • 京都ぎらい
    著者のことは比較的古くから知っていました。ブレイクする前から。
    これほどの有名人になるとは思いませんでしたが。

    様々なフィールドに造詣の深い人でありますが、ボクが知ったのはプロレス者(もの)としてでした。
    まだ、プロレスが日陰者の存在であったころからですね。大方30年くらい前でしょうか。

    兵庫県...続きを読む

特集