「出口治明」おすすめ作品一覧

「出口治明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:出口治明(デグチハルアキ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1948年04月18日
  • 出身地:日本 / 三重県

京都大学法学部卒。著書に『ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊』、『仕事に効く教養としての「世界史」』、『部下を持ったら必ず読む 「任せ方」の教科書 「プレーイング・マネージャー」になってはいけない』などがある。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/02/19更新

ユーザーレビュー

  • 人生を面白くする 本物の教養
    教養は、人生をより楽しく豊かにするためのツールであり、自分の頭で考えて行動するためのもの。これまでの日本は規範となるモデルに倣っていればよかったが、課題先進国となった今は、自ら考え解決策を提案できる、教養を持った人が求められている。

    教養を身につける方法論についてとても参考になったし、教養=Lib...続きを読む
  • 人生を面白くする 本物の教養
    やりたいことだけをやる。ライフワークバランス。書かれていることには大賛成。自分の考え方も、基本的には全く同じベクトルを向いていると思う。でも彼と比べるとやり切れていないな、って感じてしまうのは、ベクトルの大きさの違いか。母語優先とか、会議室縮小とか、いちいち頷かされることばかり。HONZメンバーに入...続きを読む
  • 世界史としての日本史(小学館新書)
    歴史上の具体的な事実や明確な数値データを用いて、メディアにはびこる「日本すごいブーム」や、隣国に対する見苦しい誹謗中傷「嫌韓・嫌中」を真っ向から叩っ斬る書。本当に見つめなければならない日本の現状や未来に対する課題、これから日本人がするべきこと等が、分かりやすく記されている。
  • 人生100年時代のお金の不安がなくなる話
    議論をはじめる前に、「そもそものところから考えよう」という約束をする。
    たとえば消費税の問題を議論する前に、そもそも消費税とはなんだろうか、とか税金とは何だろうかを考える。

    そもそも論でやると、問題の本質がものすごくはっきりと見えてくるし、枝葉末節に惑わされないで、大きな方向を判断できる

    重要な...続きを読む
  • おしえて出口さん!──出口が見えるお悩み相談
    常識=平均の怖さ。改めて気づかされます。周りとの比較、出る杭…など、もっと秩序ある自由を目指したいと感じました。

特集