哲学と宗教全史

哲学と宗教全史

作者名 :
通常価格 2,376円 (2,160円+税)
紙の本 [参考] 2,640円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ライフネット生命創業者でAPU学長出口治明が初めて語る哲学と宗教全史。世界史、哲学、宗教が一冊に凝縮!世界最古の宗教、ギリシャ哲学と東洋哲学、ルネサンスと宗教改革から20世紀まで東西完全網羅!ヘーゲルの三兄弟はキルケゴール、マルクス、ニーチェ!巻頭巻末ジャバラに3000年の哲学と宗教人物相関図付き!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
468ページ
電子版発売日
2019年08月08日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
157MB

哲学と宗教全史 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    興味はありながらも、読む内にどうしても迷宮入りしてしまう哲学と宗教関連本の中では、わかり易さの面では随一なのではないでしょうか。
    勿論、筆者の主観なのでその辺は踏まえる必要はありますが。
    そして入門書のような位置付けなので、これを入り口に文中でも紹介されてる参考文献を手に取り、哲学と宗教の更なる深み...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    デカルトらによる大陸合理論がウォーターフォール、
    ベーコン、ロックらによるイングランドの経験論がアジャイル
    な感じがしてそれらがどう発展、終結していったのかをずっと知りたいと思ってて、読んでみました。 
    # + 出口治明さんのお話はいつも元気をもらえるのでってのもあり……。

    合理論、経験論はカント...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    傑作です。最初は、題名、素材、そして本の厚さに慄きましたが、さすが出口先生。ここまで分かりやすく説明して頂けると、サクサク読み進められます。 似た思想が別の地域、別の時代に生まれ絡み合ってるんですね。哲学と宗教も確かに境目は難しい。人間の思索・思考が、その歴史背景とともに説明してあるので、理解できま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月19日

    哲学と宗教(科学と対比して共通のことを扱う)の流れ、キーとなる人物、蔵書を網羅しており、読みやすい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    ボリュームの割にすらすら読めた。これはもう事典です。
    哲学と宗教はバラバラと知識を持っていたので、その隙間を埋めてくれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    APU学長である出口治明 先生の著書ということで購入。西洋思想、東洋思想の両方がびっしり網羅されている。世界史が好きでないと読むのに体力がいる。世界史の教科書や参考書を引っ張り出して照合しながら読んだ。
    次は、付箋等でメモをしつつ読んでみることにする。
    人類はだいたい同じようなことを考え、時に衝突し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    今まで目を逸らしてきた「宗教と哲学」について、体系的に学ぶことができる。

    わかりやすい文章で、流れが描かれているので、あやふやな知識や断片的な知識が、スッと府に落ちたり、つながりを見出せたりすることができた。

    また、章の合間の小噺も、哲学者の素顔や人間性が描かれており、知的好奇心をくすぐられた。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    哲人についてのお勧めの書籍が挙げられているので、本書を足がかりにより理解を深める事ができる。文中に各哲学者や宗教の文献が記されているし、巻末に参考文献一覧が載っているので、それらからより深堀りすることができる。
    古今東西の哲学と宗教を紐解いて行く。まるで世界史。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    人類の世界観の歴史と、人類の本質が学べる本。
    一見分厚くて難しそうな本だが、非常に読みやすくて、こういった分野を学ぶビギナーにもおすすめできるような本。繰り返し読むべき本なので、紙で買うことをお勧めします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    時たま専門用語があり理解に窮した時もあるが、概ね高校倫理の知識応用で読み解くことができ、タイトル通り哲学・宗教の視点での人類思想の移り変わりを学ぶ事ができる良書。
    各思想について体系的に学べるので、現代との類似や各地域の比較などにも思考を巡らしたり、他の本との併用も視野に入れられてとても良い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています