名君と暴君の世界史

名君と暴君の世界史

作者名 :
通常価格 305円 (278円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

広がるポピュリズム、強まる権威主義……
なぜいま各国で「強い指導者」が台頭しているのか?
リーダーの条件とは何か?
歴史に学びながら考える。
(『中央公論』2018年12月号同名特集より)

広がるポピュリズム、強まる権威主義……
なぜいま各国で「強い指導者」が台頭しているのか?
リーダーの条件とは何か?
歴史に学びながら考える。
(『中央公論』2018年12月号同名特集より)

鼎談【ベスト15ワースト15】「西洋史×東洋史×近代日本史の泰斗が選ぶ 良い指導者、悪い指導者」本村凌二・東京大学名誉教授×岡本隆司・京都府立大学教授×井上寿一・学習院大学学長/「ポピュリズム成立の歴史的条件」吉田徹・北海道大学教授/「『教養の達人』&『経営のプロ』が伝授 リーダーシップはこの偉人に学べ」出口治明・立命館アジア太平洋大学(APU)学長/「生活に浸透する『小文字の政治』の視点」小田中直樹・東北大学教授/「ボナパルティズムの背後にあるもの」山下範久・立命館大学教授/「グローバル化する反グローバル運動」島田竜登・東京大学准教授/対談「ハーバード流の世界史入門 歴代大統領を知れば、トランプがよくわかる」パトリック・ハーラン(お笑い芸人)×山口真由(ニューヨーク州弁護士)/【ブックガイド】独裁者の実像――「カリスマなき専制」を考える 與那覇潤(歴史学者)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中央公論
電子版発売日
2018年12月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
26MB

名君と暴君の世界史 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています