「與那覇潤」おすすめ作品一覧

「與那覇潤」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/05/30更新

ユーザーレビュー

  • 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史
    我々は未だに「長い江戸時代」を生きていたーー今更読みまして、大変感銘を受けました。全日本人におすすめしたい本です。(※単行本2011年文藝春秋、増補版2014年文春文庫)
  • 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史
    宗の時代に理想の世界が出来上がっていた。

    しかし今の中国には、共産化により儒教を捨て、共産主義も経済の開放によって捨てた。

    これで中国化の正当性が理解できる。
  • 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史
     今改めて読むと、まさにグローバル化の波の激しさを思い語らせる本である。
     高校の日本史や世界史で暗記させられた「近世」が、もはやグローバル化が激しい今のご時世は、時代的に世界で最も「近世」のグローバル化を実現した中国の宋の時代に非常に同じものであり、そのような宋朝の時代に、個人の移動や経済的な自由...続きを読む
  • 中国化する日本 増補版 日中「文明の衝突」一千年史
    面白かった。
    まずはタイトルを見て「『中国化』ってどういうこと?」ってなるけど、そのあたりは冒頭で説明されていて納得。ある意味「釣り」ですね(笑)
    つまり、刺激的なタイトルだけど、その実、そこにイデオロギー的な意味はなく純粋に歴史の本。

    感想を一言で済ませるのは難しいんだけど、とりあえず、大きく印...続きを読む
  • 史論の復権
    与那覇潤『史論の復権』
    中身は面白かったがタイトルが頂けない。
    「史論の復権」と聞いて読みたくなるのは「史論」を知っていて、その衰退を嘆いている人だけ。私はと言えば、史論という言葉は聞いたことはあるし何となくぼんやり意味はわかる(ような気がする)けどまったく思い入れはない、という状態。同じ著者の『中...続きを読む