「山口真由」おすすめ作品一覧

「山口真由」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/03/09更新

ユーザーレビュー

  • いいエリート、わるいエリート
    いいエリート、わるいエリート。山口真由先生の著書。東京大学法学部を主席で卒業し、財務省に入り、弁護士に転職され、その後はアメリカのハーバード大学に留学されたという文字通りのエリート。かといって能力や学歴、経歴を鼻にかけて上から目線で自慢するわけではなく、淡々とご自身のこれまでの経験をまとめていらっし...続きを読む
  • 東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
    筆者の事は知らなかった、知ってたら敬遠していたと思うが非常に面白い内容。
    勉強に対する向上心、小さな目標設定、最小限度の少し上を目指すなど、参考になった
  • 東大首席が教える超速「7回読み」勉強法
    スポーツ、たとえば私の場合は水泳やスケート。ただ頑張っていてもある程度行くと壁にぶち当たる。そんな時、自分は素質が無いなんて思ってしまう、そんな経験、何度も身に覚えがある。
    だけれども、たとえば選手レベルとそうでない人の身体の使い方ひとつ、見比べてみると案外自分にも通ずる部分が見えてくるものがあるも...続きを読む
  • ダントツになりたいなら、「たったひとつの確実な技術」を教えよう
    普段はスピリチュアルが好きだけど、成功者も、特殊部隊も結局のところ同じことを言っているなあ、と。

    恐れずに、準備して、前進せよ!

    「やればできそうなこと」「向上すべきこと」に全力で取り組む
  • リベラルという病(新潮新書)
    アメリカのリベラルとコンサバ(保守)についての本。
    最初の方でリベラルが生み出したポリティカルコレクトネスが暴走し、不寛容と排除を生んでいることを指摘。
    悪意がなくても、プライベートで言ったことでも人種差別的なことを言うだけで、容赦なく断罪する。
    その苛烈さはリベラルという名の宗教と呼べるほどだ。
    ...続きを読む

特集