「おいしい人生」を生きるための授業

「おいしい人生」を生きるための授業

作者名 :
通常価格 1,300円 (1,182円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

同じ生きているなら、まずいものよりおいしいものをいっぱい食べたいですよね。それと同じで、せっかく生まれたのだから、「まずい人生」よりも希望に満ちあふれた「おいしい人生」をおくりたくはありませんか? では、「おいしい人生」をおくるにはどうしたらいいのでしょうか? この本では、各章を“○時間目”としました。1時間目で「おいしい人生」とは何かについて考えていきます。そして、2時間目以降では、もう少し具体的な例をもとにみなさんと一緒に「楽しい人生」を考えていきたいと思っています。(以上、本書「はじめに」より抜粋) 還暦でライフネット生命を開業し、古希で教育界に転身。軽やかにチャレンジを続け、読書家・世界史通としても知られる筆者が、これからの日本を担う世代に向けてやさしく語りかける。「知識×考える力」を磨けば、未来はきっと明るくなる! 将来への希望が湧いてくる4つの特別講義! 【本書の時間割】■1時間目 「幸せってなんだろう?」 ●「人間が生きていくってどういうことだろう?」 ●「僕たちにとって幸せとはどんなもの?」 ●「幸せな人生をおくるには、何をどうすればいいの?」 ■2時間目 「仕事ってなんだろう?」 ●「自分で働いてお金を稼ぐ意味って?」 ●「10年後、社会や仕事はどうなっているだろう?」 ●「仕事はどうやって選んだらいいのだろう?」 ■3時間目 「社会と政治ってなんだろう?」 ●「政府は市民のために何をしてくれるの?」 ●「なんで税金の使いみちが問題になるの?」 ●「政府に任せておけば僕たちは幸せになれる?」 ■4時間目 「勉強ってなんだろう?」 ●「学校の勉強はどんな役に立つの?」 ●「これから僕たちは何を学んでいけばいいの?」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
PHP研究所
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年04月05日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

「おいしい人生」を生きるための授業 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    実際に行われた授業をベースに書かれているため、中高生向けにわかりやすい説明で社会のこと・政治のこと・職業のこと・未来のことなどが書かれている。先日購入した「ファクトフルネス」と合わせて読みたくなる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    勉強しよう、と説く。

    好きなことをすること、できることが幸せ。
    そのためには、勉強して、知識と考える力をつけることが大事。

    好きなことをみつけるためにも、勉強。

    人、本、旅から、人は学ぶ。
    その基礎にもなるのが、勉強で身につく知識。
    勉強することで、知識の幅が広がり、人と話せるようになる。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    本人が読むとしたら高校生
    若しくは子育てをしている親が読んでもいい本かなと。
    内容は読みやすく、出口さんが他の本でも書いていることと重複も多々ある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月22日

    子供には難しい内容な気がする
    読んで、読んで少しは気にかけてくれるといいが。
    知識と考える力
    人 本 旅

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月15日

    知識×考える力

    おいしい人生

    貧品すれば鈍す

    衣食住足りて礼節を知る

    ライフワークバランス

    人生の無駄
    済んだことを悔やむ
    人を羨む
    人によく思われようとする

    チャンスを手に入れても
    やりたいことをやり遂げる
    ことができる人は一%に満たない

    チャレンジとは不安でも一歩
    踏み出すこと自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています