川北稔の一覧

「川北稔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/13更新

ユーザーレビュー

  • 砂糖の世界史
    やはり歴史は人の生活から見ていくのが、私にとっては面白い。砂糖という一つのものが、人の生活をこうも一変させたのかと思うと、今はどうだろうとビクビクしながら考える。人間の今の時計の針に命令されるような生活が始まったのが、奴隷制度の工場からかと思うと、今の時代はみんなが奴隷生活をしているように感じる。な...続きを読む
  • 砂糖の世界史
    読書猿さんのおすすめで読み始めたが、コネクティングドットの世界で、素晴らしいのひとこと。こういう世界史を若い頃に学べたらよかったなと思う。
    世界は一つの生き物のように繋がっているという「世界システム論」、歴史上の人々の暮らしの実態をモノや慣習などを通じてくわしく観察しようとする「歴史人類学」によって...続きを読む
  • 砂糖の世界史
    題名に惹かれ、「砂糖の世界史ってなんだ!?砂糖を通じて世界史が見えるって面白そう!」という軽い気持ちで読んでみた。読んで良かったなぁと感じる一冊だった。
    世界史をあまり真剣に学んでこなかったのと、世界史Aの一部しか履修しなかったこともあり、世界の動きや現代の状態などにもかなり疎い部分がある。しかし今...続きを読む
  • 世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界
    世界の歴史を特定の国に注視するのではなく、世界を有機的に結びつけられたシステムとして考える本書。
    ある地域で発生した事象をきっかけにそれが他の地域に影響を及ぼしていく様を追いかける。

    まず、はじめの問いかけがなぜこの世界には現在に至るまで地域間の格差が生じているのか?という点から始まり、世界の中心...続きを読む
  • 砂糖の世界史
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    現代では豊富に入手可能な砂糖を題材にヨーロッパを中心とした歴史を解説している。
    本題は「砂糖」がヨーロッパにどのように持ち込まれ、どのような影響を与えたのかが書かれているが、一方で砂糖が「世界商品」として世界にどのような影響を与えたのかが書かれている。
    ジュ...続きを読む

特集