川北稔の一覧

「川北稔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/03/12更新

ユーザーレビュー

  • 砂糖の世界史
    世界はひとつながりで出来ているという「世界システム論」と、歴史上の人々の暮らしをモノや慣習から観察しようとする「歴史人類学」という2つの歴史の見方をもって、砂糖を切り口に観察した本。

    イギリスで砂糖入り紅茶が流行したのが、贅沢品と贅沢品を組み合わせればすごいステータスシンボルになるという考えから産...続きを読む
  • 砂糖の世界史
    砂糖という商品を誰がどこで生産し、誰がどのように消費したかを辿ると、違った角度から世界の歴史が見れて、とても面白かった。

    甘い砂糖は、悲惨な(甘くない!)奴隷制度がなければ、大量に安価に生産されることはなかっただろう。そして、今でも砂糖プランテーションの植民地となった国々には、奴隷制度の深い爪痕が...続きを読む
  • 砂糖の世界史
    中高生の頃、歴史は苦手科目でしたが、こうして一つのテーマに沿って広い範囲で見ると、色々と繋がり理解しやすいことがわかって興味深く読みました。大人になったからこそ、今の社会がどういう経緯で作られたのか、歴史を学んでみたいと思えるようになり、こうした本はとても参考になります。
  • 砂糖の世界史
    読みやすかった。
    砂糖の話なのに、世界のいろんな所の歴史と繋がっていて全部関係してることがあり、高校生にはとても読みやすかった
  • 世界システム論講義 ──ヨーロッパと近代世界
    以前に同著者の学生向けのやはり名著『砂糖の世界史』を読んでいますので内容的には自分にとって新しくはありませんが、アメリカ史を学びつつ改めて読むと色々と繋がり腹落ちします。
    アメリカの独立から南北戦争期の歴史って、まさにヨーロッパ(スペイン、イギリス、フランス)の「世界システム」の「中に組み込まれた」...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!