げんきな日本論
  • 値引き

げんきな日本論

作者名 :
値引き価格 654円 (595円+税) 2月28日まで
通常価格 935円 (税込)
紙の本 [参考] 1,012円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

30万部超『ふしぎなキリスト教』でおなじみ、ふたりの社会学者が、痛快無比に語り尽くした「新・日本史」! 土器、古墳、ひらがな、源氏物語、日本刀、安土城、国学……なぜ日本人は、かくもユニークな文化を生み出せたのか? 日本史にまつわる疑問18個を真剣に議論することで、日本の特異さやおもしろさ、現代に生きる日本人の「由来」がどんどんわかる。それによって、私たちは自信を取り戻して元気になれる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2016年10月19日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

げんきな日本論 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月09日

    ・日本の歴史を多角的に分析。歴史的にみて天皇制が無くなるかもしれないタイミングはいくつかあったが亡くならなかった理由など非常に興味深い。このような解釈もあるんだね。視野が広がる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月03日

    碩学の二人の対話は巧みなプレイヤーのジャズのように,お互いのフレーズを巧妙にアレンジしてさらに深い点にのめり込むといった,読んでいてぞくぞくするような場面が続出.例えば,幕藩体制の定義で,戦国時代が平和の裏に伏流している という表現は通常の歴史書には出てこない.さらに幕藩体制の政治原理に朱子学を持っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月27日

    二人の非常に知的で好奇心溢れる対談が読むことができた。
    改めて日本という国の特異性が浮き立つ議論だと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月22日

    「ふしぎなキリスト教」の社会学者二人が日本の歴史に語り合った内容をまとめた本。
    歴史の流れに従って書かれているけれど、それぞれの時代の中での天皇の位置づけの変遷が興味深い。
    「あさきゆめみし」だとか「世に棲む日日」を最近読んだっていうこともあるけれど。カミの子孫であったり、お飾りであったり、神輿にの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

     元気と言えば、「元気ですか~」のあの赤いマフラーをした萌える闘魂が浮かんでくる。とはいっても本書にあの人は登場しない。日本人のルーツと価値観や行動様式はどうなのかと言ったことを探っていくことで「二十一世紀を生きる日本人、元気の源」を見ていこうという趣旨で書いたそうだ。



     読んでいくと不思議に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月23日

    不思議なキリスト教と同じようなスタイルの本。正統性の確保にいかに腐心してきたかという観点が一貫して底流に流れている。基本的には長く続いているものに依拠するのが日本で、唯一その文脈から外れるのが織田信長。信長が天下をとった日本をみてみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月17日

    『ふしぎなキリスト教』でおなじみの橋爪氏・大澤氏の対談。古代から幕末に至る日本史の特色を語りつくす。
    興味深い内容が多いが、僕が特に印象に残った点をいくつか列挙したい。

    1、武士とは馬を飼い、操る技術に習熟した人々であったという事。そのような人々が荷役や商人の護衛をしつつ実力をつけていった、という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月26日

    グローバル化が進む世の中で、日本ってそもそもどういうものか?を考えた時に参考になると思います。
    縄文~明治維新まで、日本のガラパゴスっぷりがよくわかる対談でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月30日

    【あくまで論として、自由対談として読まれるのがベターです】
    「ふしぎなキリスト教」がベストセラーとなった社会学者の橋爪大三郎氏と大澤真幸氏のタッグが、今回は日本の歴史をテーマに対談形式で論じ合った本です。橋爪氏と大澤氏が、日本の歴史にまつわる18の疑問トピックについて、互いの領域の知識・アイデアを総...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    日本史において、普通に出てくる数々の「キーワード」、社会システムの変換点を表す「時代」、そういうものとして当然と受け取っていた日本の歴史が、いかに特殊なものであったのか、どうしてそうなったのかを膨大な知識量を背景に対話方式で展開していく本であり、それぞれの論点はかなり興味深いものでした。
    歴史の純粋...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています