大澤真幸の一覧

「大澤真幸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大澤真幸(オオサワマサチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1958年10月15日
  • 出身地:日本 / 長野県
  • 職業:大学教授

東京大学文学部社会学科卒。『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞受賞。著書に『近代日本のナショナリズム』、『資本主義のパラドックス――楕円幻想』などがある。

値引き作品コーナー

作品一覧

2020/08/12更新

ユーザーレビュー

  • アメリカ
    自分が知っているアメリカ出身の知人の、あの何かを無根拠に信じている感じ。聖と俗が渾然となった感じ。それがずっと気になっていた。
    本書を読んで、それはやっぱり、キリスト教に、特にプロテスタントに由来しているのだと知った。
    また、なぜアメリカは社会主義をあれほどまでに嫌うのかという謎についても。

    だが...続きを読む
  • 文明の内なる衝突
    こういうがっちりした社会学系の本もたまに読むと面白い。ポストモダン後のセキュリティ社会に対する考察。9.11をはじめとするテロ行為は、西欧とイスラムという異なる文明の衝突ではなく、資本主義社会における内的な闘争ではないか、という点を考察する(ビン・ラディンも金持ちのボンボンであり、異なる文明の代表者...続きを読む
  • ふしぎなキリスト教
     近代化とは概して欧米化であり、その欧米のエートスにキリスト教があるのは否めない。
     科学も哲学も芸術も、キリスト教に掣肘されそうなものだが、逆に後押しされた面がある。(牽引していない。あくまで後押し)。これが「ふしぎ」。
     一神教として首尾一貫性の強いイスラム教の文化圏が、キリスト教文化圏の後塵を...続きを読む
  • 社会学史
    社会学の誕生と生成の背景を明晰に語り、その問題意識と可能性をあぶり出した名著。

    後書きにあるとおり、優れた聞き手がいたことも薄々感じられ、11年かかったのも頷ける。

    今の自分と社会を照らし出す、いわゆるハッとする記述にたびたび出会いながら、一気に読み切った。
  • 資本主義という謎 「成長なき時代」をどう生きるか
    資本主義という謎 (NHK出版新書 400)
    (和書)2013年10月14日 00:37
    水野 和夫, 大澤 真幸 NHK出版 2013年2月7日


    格差を絶えず付け続ける運動が資本主義である。

    それに対し格差を解消することを目指す平等と平和の哲学がある。

    資本主義の中から格差を解消する対抗運...続きを読む