日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか

日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

変化に乏しく見える日本の歴史でも、一人だけ革命家は存在する。信長でも明治維新の志士でもない革命家とは誰か? イエス・キリストの革命、中国の易姓革命、日本の天皇制など、洋の東西、日本史と世界史を俯瞰しながら、社会を変える真因に迫る、大澤社会学の新たな地平。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年10月21日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

日本史のなぞ なぜこの国で一度だけ革命が成功したのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    (帯文)”信長でない、竜馬でもない、日本の歴史上ただ一人の革命家とは誰か?”。

    新書判の本というのはたいてい、端的にして(読書においてのという意味で)実用的であるところ、このように煽っていることに驚き、ワクワクした。
    だが考えてみれば大澤真幸の本はたいてい、謎解きを体験するようにワクワクして読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月07日

    承久の乱と現代の対米従属をつなげて語るという、無理がありそうな展開をなるほどと思わせてくれるあたり、たくさん本を出している学者さんだけはあると思う。日本史の謎と言いながら、実は日本史の本ではない。現代社会の病理を考えるために、歴史に手がかりを求めるという本だ。日本では革命はただ一度を除いて成功してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月15日

    タイトルが内容を正しく表わしていないように思う.「革命の条件」とでも言った方がいい.「御成敗式目とは何だったか」とか.
    わが国の権力の中心は空虚だ,と看破したのは猪瀬直樹だったが,その分析をもう一歩進めた感がある.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月20日

    <目次>
    第1章  革命家はただ一人
    第2章  東の革命/西の革命
    第3章  天皇なき天皇制

    <内容>
    日本唯一の革命家は、北条泰時だという。説の根本は、山本七平の『日本的革命の哲学』。大筋はわかった気がするが、キリスト教との比較や中国の比較などは手に負えなかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています