堤未果の一覧

「堤未果」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/07/05更新

ユーザーレビュー

  • 支配の構造 国家とメディア――世論はいかに操られるか
     なかなか骨太の内容の本なんだが、とても読みやすい。
     4名の論客が、マスコミとメディアと世論の関係について、実に刺激的に論理を進めてくれている。しかも、その論理を進める際に引用しているのが、ちょいと昔の本なのだから、おもしろい。
    ・ハルバースタム著『メディアの権力』
    ・トクヴィル著『アメリカのデモ...続きを読む
  • 社会の真実の見つけかた
    [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    戦争・教育・メディア・政治という4つのテーマで問題を提起し、様々な事を書いている。日本では話題にもならないことだか、日本でも同じような事が起きているだろうことを考えると多くのことを考えさせられた。
    特に政治の選挙の時だけではなく、選挙と選挙の間に活動すること...続きを読む
  • 政府は必ず嘘をつく 増補版
    何ということだ。これらの情報を、今まで知らずにいたなんて。政府は真実を教えてくれない。平気で嘘を流す。テレビや新聞の情報を鵜呑みにするのは危険。というか信じちゃいけない。他国の情勢が不安定だとか、政府が国民を騙してるとか、他人事と思っていたけれど、日本は政府が国民をコントロールしているわけがないって...続きを読む
  • 別冊NHK100分de名著 メディアと私たち
    ジャーナリズムについて各テキストによって論じているが、これが簡潔だが深い。放送時に説明が薄かった点も確実に補完されており、この四冊以上の内容だと思う。「世論」と「イスラム報道」は未読だが、他二冊は見事なようやくと解説だった。放送と併せるとより理解でき、記憶も固定される。まさに蒙を啓にうってつけであり...続きを読む
  • 別冊NHK100分de名著 メディアと私たち
    座談会の「グーグルの機能で『シリ』という音声検索機能」と発言されている箇所は、あえてそのままなのかな。メディアを無条件に信じるな、と。