「ヤマザキマリ」おすすめ作品一覧

「ヤマザキマリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ヤマザキマリ(ヤマザキマリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1967年04月20日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『テルマエ・ロマエ』などの作品を手がける。『テルマエ・ロマエ』でマンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。同作は映画化もされ、大ヒット作品となっている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/07更新

ユーザーレビュー

  • 国境のない生き方 -私をつくった本と旅-(小学館新書)
    最高です。生温い毎日を送るのが馬鹿馬鹿しくなります。「失敗すればするほどボキャブラリーが増える。たくさん転んで傷ついてそれでも立ち上がっていけばいい」の所は自分の心に刻まれました。
  • スティーブ・ジョブズ 2巻
    この常識はずれでセルフィッシュな男がエジソン同様に世界を変えたのかと思うと興味深い。常識人にはできない成果だ。
  • プリニウス 1巻
    博物誌のプリニウスやエウクレス、セネカ、ネロなどなど歴史上の人物が動き、語り、絡み合う。面白い。とりみき氏の背景の巧さもすごい。
  • 国境のない生き方 -私をつくった本と旅-(小学館新書)
    生きていいから生まれてきた。ヤマザキさんの考え方にすごく惹かれる。生きることに対して、自分の信念をしっかり持っている。最近死を覚悟するような事件があって、その後にヤマザキさんの本に出会えたことは本当に嬉しい。たくさんの本、人との関わり、冒険のような旅が人生を豊かにしてくれる。
  • 国境のない生き方 -私をつくった本と旅-(小学館新書)
    一言で感想を言うと、枠を作るのは自分ということを教えてくれる本。そしてほんとに作者と対話しているような気になってしまった本。というのも、マリさんの人生経験が目に情景が浮かぶような、そしてその場で感じたことやマリさんの土台になっているような経験がリアルに描かれているから。

    そして、今の自分を見つめ直...続きを読む

特集