「ヤマザキマリ」おすすめ作品一覧

「ヤマザキマリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ヤマザキマリ(ヤマザキマリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1967年04月20日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『テルマエ・ロマエ』などの作品を手がける。『テルマエ・ロマエ』でマンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。同作は映画化もされ、大ヒット作品となっている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/10/05更新

ユーザーレビュー

  • 仕事にしばられない生き方(小学館新書)
    仕事とお金について考えることが多く、
    何かヒントなればと読み始めたのだが
    テルマエ・ロマエとか軽く
    吹っ飛ぶ様なエピソードが満載で
    凄まじい。
    (ドラマチックと言うのは失礼だろうけど)

    作者の信念の芯(骨)が母から形成されて海外に出て太くなって、母になって太くなって強くなっていく…色々負のループは...続きを読む
  • テルマエ・ロマエ 1巻
    マンガ大賞2010 1位
    こんなマンガは初めて読んだ。
    ローマ人の技師が現代日本にタイムスリップして、風呂に関する細かい知恵を得て帰る。
    その繰り返し。
    なぜ面白いのか、今のところ説明できない。
    そしてやたら面白い。
  • 仕事にしばられない生き方(小学館新書)
    大きな転機、のくだりが自分とかぶって泣けた。
    地に足の着いた女性が、そのすさまじい経験から絞り出す金言が、私を心底勇気づける。

    私は愚かだったかもしれないけれど、それはそれで私なりのベストな選択だった。それはそれで、私の糧になっている。

    自分の人生を賛美したいと思う。人生が、あと30年くらいある...続きを読む
  • プリニウス 7巻

    掲載誌の廃刊で...

    掲載誌『新潮45』が、LGBTへの差別的エッセイの掲載から批判と攻撃を受け、早々に廃刊を決めてしまった。
    社内他誌への引越し等して、絶対に存続させて頂きたい。
    個性豊かな登場人物、描き込まれた絵、史実の研究、有事の古代人の行動...全てが想像を掻き立てる。良い作品。
  • とらわれない生き方 母として 「いいお母さん」プレッシャーのかわし方
    肝が据わっている。その時その時を、感じ尽くして生きてきた、極上のメッセージ。お母さんの役割は、自分自身がしあわせになること、子どもに人生は生きるに値するものだと見せること。あぁ、わたしは、子どもたちに、楽しい自分を見せているだろうか。生きてるって楽しい、って見せているだろうか。ていうか、生きてる楽し...続きを読む

特集