ヤマザキマリの一覧

「ヤマザキマリ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:ヤマザキマリ(ヤマザキマリ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1967年04月20日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『モーレツ!イタリア家族』、『ルミとマヤとその周辺』、『テルマエ・ロマエ』などの作品を手がける。『テルマエ・ロマエ』でマンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。同作は映画化もされ、大ヒット作品となっている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2020/11/26更新

ユーザーレビュー

  • 仕事にしばられない生き方(小学館新書)
    テルマエロマエが売れたから良かったかと言うと、一概にそうとも言えないんだな。
    どうにかして生きようと思わされる。
  • 仕事にしばられない生き方(小学館新書)
    マンガ「テルマエ・ロマエ」のヤマザキさんの本。こんなにファンキーで情熱的な人だとは全く知らなかった。
    『仕事は好きなことより自分に合っていることが大事。続けられるから』という言葉は激しい実体験から発せられていて、深みがあって染み入る。
  • パンデミックの文明論
    古代ギリシアやローマ時代から現代に至るまでのうんちくや、日本との文化の違いなどが縦横無尽に語られていて興味深い。2人の掛け合いのテンポが良くて心地よい。それぞれの専門分野の観点形式が持ち寄られ、なるほどなるほど、へーそんなんだと思いながら読んだ。
  • その「グローバル教育」で大丈夫?
    今の私が疑問に感じていることがバシバシ書かれており痛快だった。
    そうなんだよな。グローバル教育ってそういうことなんだよな、と。

    グローバル教育ってなると英語ができて、海外の有名大学を目指したり留学を挟んだりしてグローバルな視点や経験を積んだり、そんなイメージで使われてるけど、ほんとの意味でのグロー...続きを読む
  • ヴィオラ母さん 私を育てた破天荒な母・リョウコ
    とても面白い本だった。
    リョウコさんの人間らしく生きる姿に共鳴した。
    「悩むだけ時間の無駄。楽しいことしてりゃすぐに気にならなくなる。」という言葉は、私の中でも大切にしたい言葉の1つになった。