スティーブ・ジョブズ(1)
  • 完結

スティーブ・ジョブズ(1)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人以上が読み、第1話の掲載『Kiss』発売日には英・ガーディアン紙も取り上げた、超話題作登場!!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
Kiss
電子版発売日
2013年08月12日
紙の本の発売
2013年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
58MB

スティーブ・ジョブズ(1) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    「Macintosh」「iPhone」「iPad」を生み出した男
    スティーブ・ジョブズ。

    良くも悪くも、ジョブズの人となりがよくわかる。
    原作も読んでいるが、こちらの方が分かりやすいし、原作に忠実である。

    日々、氏の創ったもので仕事を生み出しているものとして
    感謝を込めて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    死期が近いことを、ジョブズ自身が感じてなのか、自分の人生を<伝記>にしないかと、ジョブズの病気のことすら知らなかった、稀代の伝記作家・ウォルター・アイザックソンに、★自分から提案するところから、物語は始まる。/自叙伝ではなく@伝記…、そこが「ツワモノ」だ!/ジョブズの「文系と理系の、交差点に立てる人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月16日

    ヤマザキマリのタッチだからしっくり描けたのだろうと。
    もし規律を重んじる日本社会にジョブズがいたら完全に廃人だったろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月30日

    もし、ジョブズがお人好しだったら、どうだったろうねぇ(笑)
    続きが気になる。
    次巻の発売を楽しみにしてます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月12日

    原書は大事に大事に舐めるように読んだ。この本はマンガだからあっという間に読める。どちらも大切な本だね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月30日

    今までに記事などで見ていたジョブズの人物像から、
    その人となりを掘り下げて知りたいとは思っていなかったけれど、
    ヤマザキマリさんが描かれるということで
    読んでみようと思ったスティーブ・ジョブズ伝記。

    子供時代は文系だと自分で思っていたジョブズが
    エレクトロニクスに興味を持ち、アートやテクノロジー、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月20日

    稀代の変人、スティーブ・ジョブズの伝記のコミカライズ。
    ジョブズ本人は嫌な奴なわけですが、エキセントリックな彼の行動にただ困惑するか、なにかしらの可能性を感じるか、周りの人々の度量を問われているような気がします。彼の才能を殺すも生かすも彼ら次第。ジョブズは天才だけど、彼一人だけで製品が造られるわけじ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月14日

    スティーブ・ジョブズの貴重な青年期の記録。
    淡々と語られる半生は伝記を読んでいるよう。
    テルマエロマエとは一味違うヤマザキマリのテイストが渋い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    圧倒的な画力で描かれています。登場する人たちと実際にあったことがないのに「そう、そう、こんな顔の人だった」て思ってしまうほどです。原作の内容が漫画ならではのアレンジがされていて、その世界観に時間を忘れてのめり込んでしまいます。
    スティーブ・ジョブズさんが好きな人は「このエピソードも載せて欲しかったな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月29日

    冒頭の入り方はなかなか良かった。
    スティーブジョブズについては全然知らなかったんだけど、技術一辺倒って感じの人ではなかったんだな。禅にはまったり、インドに修行に出かけたり、色々と意外だった。

    このレビューは参考になりましたか?

スティーブ・ジョブズ のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • スティーブ・ジョブズ(1)
    完結
    ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人以上が読み、第1話の掲載『Kiss』発売日には英・ガーディアン紙も取り上げた、超話題作登場!!
  • スティーブ・ジョブズ(2)
    完結
    アタリを辞め、悟りを求めてインドを放浪していたジョブズは、アメリカ帰国後も禅センターで知野弘文から禅を学んだ。その後、アタリに再就職したジョブズは夜間勤務を続けながら、HPで働くウォズと新たなチャレンジをしていく。ついにアップル誕生を描く、公式伝記の漫画化!!
  • スティーブ・ジョブズ(3)
    完結
    アップルIIの成功にも、ジョブズは苛立っていた。いつまでも売れ続けないだろうし、ウォズの傑作として人々に記憶されるだろうとわかっていたからだ。また、恋人クリスアンの妊娠がわかり、ジョブズは認知を拒否する。そこからマッキントッシュ完成までを描く、公認伝記漫画化単行本第3弾!
  • スティーブ・ジョブズ(4)
    完結
    オフィスビルの上には海賊旗を翻し、イケイケだったマッキントッシュチームとスティーブ・ジョブズ。また、ジョブズはペプシコの偉大なる宣伝マンであったジョン・スカリーを口説いて招聘した。そのスカリーとの蜜月期を経て、ジョブズは一気に孤独な時代に突入する、それまで以上に。世界的なベストセラーの漫画化作品が、全米での映画公開直前に最新刊刊行!
  • スティーブ・ジョブズ(5)
    完結
    アップルで地盤を失いつつあった頃、ジョブズはビジネスの上で、新たなテクノロジーとアーツとの融合を導こうとしていた。そして、その後アップルを追放されるとNEXTやピクサーで活躍する。仕事では苦しい時期だったジョブズだが、私生活では結婚し、家庭を手に入れていた。一方、ジョブズを追放したアップルも危機に直面していた。そして、ついには追放したジョブズに救いの手を求める。そこで、ジョブズ...
  • スティーブ・ジョブズ(6)
    完結
    iPod、iPhone、iPad、iCloudなどといった、現在の私たちに繋がっている作品を次々と発表し、同時にガンと闘い続けたジョブズの晩年。経営者として、また人間として、まさに油の乗り切ったジョブズを描ききる5話を収録。ついに完結となる第6巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

スティーブ・ジョブズ に関連する特集・キャンペーン